家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【iPhone 3G分解その5】表示部を分解,液晶パネルとタッチ・パネルは一体化せず《動画追加》

日経エレクトロニクス分解班
2008/07/14 18:58
印刷用ページ

 「iPhone 3G」のメイン基板の分析を終えた,技術者たちと日経エレクトロニクス分解班( Tech-On!の関連記事1 )。筐体下部の分解をひと通り終えた技術者たちは,最後に筐体上部(表示部)に目を向けた。表示部は主に,筐体とタッチ・パネル,液晶パネルで構成する(図1)。


図1 筐体上部(表示部)。筐体とタッチ・パネル,液晶パネルなどで構成する。全体の厚さは約4.2mm (画像のクリックで拡大)

 「筐体下部と違ってネジが少ないですね。これなら簡単に分解できそうだ」と技術者がつぶやく。表示部に使用されているネジは6本と少ない。ネジを外し終えると,筐体から液晶パネルを取り外すことに成功した(図2)。

 「iPhone 3Gは液晶パネルとタッチ・パネルは一体化してない」と意外そうな表情で技術者は語る。2G版のiPhoneでは,液晶パネルとタッチ・パネルは接着フィルムを使って張り合わせていた( Tech-On!の関連記事2 )。この方式を採用すれば,液晶パネルとタッチ・パネルの間に空気の層が入る方式に比べて,外光反射を抑えることができるため視認性を向上できる。その一方で,製造コストが高くなるほか歩留まり低下の原因になりやすい。分解に協力した技術者は,「表示性能よりコストを優先させたのだろう」と推測する。


図2 液晶パネル(左)と筐体(右)。筐体は静電容量方式のタッチ・パネルを搭載する (画像のクリックで拡大)

 補強用とみられる金属板を含めた液晶パネルの厚さは約2.2mm(図3)。「最近の国内向け携帯電話機の液晶パネルの厚みと比べて,特に薄いということはない」(分解に協力した技術者)。


図3 液晶パネルの厚さは約2.2mm (画像のクリックで拡大)

 分解作業はほぼ終了し,部品の配置や構成の確認は終了した。iPhone 3Gはもはや,復元不可能である(図4)。


図4 分解後の「iPhone 3G」を並べてみた (画像のクリックで拡大)

ビデオで見る分解パート4(2分4秒)

この記事を英語で読む

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング