家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

巨大EMS企業Hon Hai(2) 「速い,安い,うまい」で多品種大量をこなす

大槻 智洋,浅川 直輝=日経エレクトロニクス
2008/07/17 09:00
印刷用ページ
 「iPod nano」,「ニンテンドーDS」,「PSP」…。Hon Hai社には,著名なヒット商品の製造依頼が次々と舞い込む(前回参照)。同社に委託が集中するのは,「速い,安い,うまい」サービスを実現したからである。今回は,そのようなサービスを実現するためにHon Hai社が構築した独自の事業形態を探る。(以下の本文は,日経エレクトロニクス,2006年7月31日号,pp.91-94,p.100から転載しました。メーカー名,肩書,企業名などは当時のものです)

 世界中の大口顧客を引き付けるHon Hai Precision Industry Co., Ltd.(鴻海精密工業,通称Foxconn)。その生産量は,圧倒的だ(図1)。例えばHon Haiグループで携帯電話機事業を統括する香港Foxconn International HoldingsLtd.(富士康国際)は,世界シェア1位のフィンランドNokiaCorp.と2位の米Motorola,Inc.から端末の組み立てや基板実装などを受注している1~3)


図1 日本勢を圧倒する製造能力
大口顧客を次々と得たHon Hai社の製造能力は,日本の民生機器メーカーの水準を超越している。(イラスト:まつもと政治)

 両社のFoxconn International社への委託台数は,2005年は共に1800万台,2006年はNokia社が4150万台,Motorola社が4000万台に及ぶと予測されている注1),4)。2006年の計8150万台という予測台数は,世界で出荷される携帯電話機の約1割をFoxconn International社が製造することを意味する。もちろん,日本の携帯電話機メーカーの生産規模は,足元にも及ばない。

注1) 香港CSC Securities (HK) Ltd.(群益證券)は,Foxconn International社以外への生産委託状況も予測している。これによるとNokia社は2005年,フィンランドElcoteq社に1億1200万台,米JabilCircuit社に2800万台を委託した。2006年はElcoteq社が1億2600万台,Jabil社が3150万台を引き受ける。Nokia社による委託台数全体に各社が占める割合は,2005年,2006年ともElcoteq社とJabil社がそれぞれ40%,10%である一方で,Foxconn International社は7%から10%に高まるとみる。Motorola社については,2005年,台湾CompalCommunications(華寶通訊)社に3800万台,シンガポールFlextronics社に1800万台委託した。2006年はCompal Communications社が6400万台,Flextronics社が3000万台引き受ける。Motorola社による委託台数全体に各社が占める割合は,2005年,2006年ともCompal Communications社とFlextronics社がそれぞれ32%,15%だが,Foxconn International社は15%から20%に高まるとみる。

 パソコン・メーカーを含め,民生機器を手掛ける各社による「Hon Hai詣で」は今後も全く止む気配がない。2006年の年末商戦で激突する任天堂の「Wii」とソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション 3」についても,Hon Hai社が製造を請け負うようだ。年間に数百万台以上の出荷が見込める機器の製造については,根こそぎHon Hai社が委託契約を取り付けている状況である注2)

注2) 米国でHon Hai社は非常に高い評価を受けている。米Businessweek誌が発表した世界のハイテク・通信関連企業のランキング「The Info Tech 100 Companies」でHon Hai社は2005年,2006年と連続して第2位を獲得している。一方,日系企業では2005年において42位の日本電産が,2006年は5位のソフトバンクが最高位である。
【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング