家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

巨大EMS企業Hon Hai(1) 世界最大のEMS企業が迫る決断

大槻 智洋=日経エレクトロニクス
2008/07/16 09:00
印刷用ページ
 米Apple Inc.は,製品の製造を外部に委託している。委託先の1社が,台湾Hon Hai Precision Industry Co., Ltd.(鴻海精密工業,通称Foxconn)である。Apple社が,最新の製品を安く大量に提供できるのは,Hon Hai社をはじめとするEMS(electronics manufacturing services)企業のおかげといえる。中でもHon Hai社は,他を圧倒する爆発的な勢いで成長を続けている。本連載は,それまで謎に包まれていた同社の本質に迫った,『日経エレクトロニクス』,2006年7月31日号の特集「鴻海Hon Haiは敵か味方か」の全文を再掲載したものである。掲載から2年たった今でも,同社の勢いは全く衰えていない。(以下の本文は,『日経エレクトロニクス』,2006年7月31日号,pp.88-90から転載しました。メーカー名,肩書,企業名などは当時のものです)

すべてを手掛ける
Credit Suisse First Boston社の調査や取材結果を基にした。


 中国・深センの中心地を過ぎ,海を左手に高速道路を一路西へ。すると,その「街」は突然現れる。

 外壁をオフホワイトに塗った幾つもの真新しい工場と,そこで働く人々の居住棟,商業施設。70棟を超える巨大な建物が見渡す限り続く。その間を走る片側3車線ほどの道路では,荷物を満載したトラックがひっきりなしに往来している。敷地内で働く従業員は10万人を超えるという。その広さ故に,ゴルフ場のように電動カートに乗って建物の間を移動する人々もいる。ここは,台湾Hon Hai Precision Industry Co.,Ltd.(鴻海精密工業,通称Foxconn)の深セン龍華工場である。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング