• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【iPhone 3G分解その2】分解開始,筐体を開けると謎の番号が…《動画追加》

日経エレクトロニクス分解班、ビデオ制作=BPtv
2008/07/11 15:00
1/1ページ

 米Apple Inc.が手掛ける「iPhone 3G」を入手した日経エレクトロニクス分解班( Tech-On!の関連記事 )。設計思想を探るため,ある国内部品メーカーの技術者の協力を仰ぎながら早速分解に取りかかった。

 iPhone 3Gの端末全体を眺めると,筐体の外側には存在するネジはわずかに2本と少ないことが分かる(図1)。


図1 「iPhone 3G」の外側にあるネジは2本のみ (画像のクリックで拡大)

 「外観を重要視するApple社ならではの設計だ。この機構設計では,上下の筐体を取り外すのはなかなか難しい」と技術者はつぶやく。技術者は2本のネジを外した後,力任せに上下の筐体の間に工具を差し込んでいった(図2)。数分間の格闘の後,なんとか筐体を上部(表示部)と下部(回路部)の取り外しに成功する(図3)。


図2 上下の筐体の間に工具を差し込む技術者 (画像のクリックで拡大)


図3 筐体の上部(表示部)と下部(回路部)は無数のコネクタでつながっている (画像のクリックで拡大)

 上下の筐体を並べてみると,コネクタ部に1~6までの番号が割り振られていることが分かる(図4)。技術者は,「番号を割り振ることで接続の順番や作業性の効率を図ったのではないか」と推測する。


図4 コネクタ部に1~6までの番号が割り振られている (画像のクリックで拡大)

分解はまだ始まったばかり。技術者は続いて,筐体下部(回路部)の分解に取りかかった。

ビデオで見る分解(3分29秒)

―― その3へ続く ――

この記事を英語で読む

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング