• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【iPhone 3G】販売店でのアクティベーションが間に合わず,後でユーザーがアクティベーションを行うケースも

【iPhone 3G】販売店でのアクティベーションが間に合わず,後でユーザーがアクティベーションを行うケースも

  • 大森 敏行=日経エレクトロニクス
  • 2008/07/11 14:10
  • 1/1ページ
未アクティベーション状態の端末で表示される画面
未アクティベーション状態の端末で表示される画面
[画像のクリックで拡大表示]
未アクティベーション状態でも緊急電話機能だけはあるが,日本で利用できるかどうかは不明
未アクティベーション状態でも緊急電話機能だけはあるが,日本で利用できるかどうかは不明
[画像のクリックで拡大表示]

 2008年7月11日の正午,一般のソフトバンクショップや家電量販店でも米Apple Inc.製の携帯電話機「iPhone 3G」の販売が開始されたが,販売店での電話機能ロックの解除(アクティベーション)に時間がかかりすぎるため,未アクティベーション状態の端末がユーザーに手渡されるケースがあることがわかった。ユーザーが後でパソコンを使ってアクティベーションを行うことで,iPhone 3Gを利用できるようになる。

 当初は,販売店がiPhone 3Gのアクティベーションを行い,ユーザーにはアクティベーション済みの端末が手渡されることになっていた。販売店でのアクティベーションに時間がかかっているのは,ソフトバンク表参道店で大量のiPhone 3Gを先行販売しており,その処理が集中しているためと見られる(Tech-On!の関連記事1Tech-On!の関連記事2)。

 ユーザーがiPhone 3Gのアクティベーションを行うには,まず手持ちのパソコンに最新版のiTunesをインストールする。そのパソコンとiPhone 3GをUSB経由で接続することで,自動的にアクティベーションが行われる。ただし,言語が英語表記になるので,日本語表記に設定を戻す必要があるという。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓