家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ダビング10は7月4日午前4時スタート,Dpaが正式発表

山田 剛良=日経エレクトロニクス
2008/06/23 14:13
印刷用ページ

 地上デジタル放送推進協会(Dpa)は2008年6月23日,地デジ対応録画機など向けの新しい著作権保護ルール「ダビング10」への運用切り替え実施日を2008年7月4日午前4時にすると正式に発表した。ダビング10の実施は2008年6月19日に行われた総務省「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会」(デジコン委,情報通信審議会の下部組織)において決定され,7月4日の実施をめどにDpaが中心になって調整していた。

 メーカー各社は,既に販売済みのダビング10対応地デジ録画機器に関してはファームウエアをアップデートすることで対応する。放送波を使ったファームウエア配布と自動アップデートを利用する。実施日の確定から実施日まで2週間を切る慌ただしいスケジュールとなり,「特別対応で準備する。それでも対応ファームウエアの配布開始は実施日ギリギリになりそう」(関係者)という。

 ダビング10の実施は当初,2008年6月2日午前4時に実施される予定だった。実施に当たってはデジコン委が2007年8月に公表した「第4次中間答申」に基づき同委員会で「関係者の合意」を確認した手はずになっていた。6月2日までにダビング10機器への私的録音録画補償金制度の適用を巡る権利者と機器メーカーの対立が解決できなかったため,実施が延期されて宙に浮いた形になっていた。6月19日に行われたデジコン委の第40回会合において権利者が譲歩したため,急転直下の実施が決まった。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング