技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「権利者から見ると文化庁案が最大限の妥協」――CPRA 椎名和夫氏に聞くダビング10問題の真因

実演家著作隣接権センター 椎名和夫氏

山田 剛良=日経エレクトロニクス
2008/06/18 16:00
印刷用ページ

 地デジを家庭などで録画して楽しむ際の新しい著作権保護ルール「ダビング10」。当初の予定では,2008年6月2日に実施されるはずだった運用切り替えは延期され,2008年6月18日現在,運用開始のめどが立たない状況にある。

 ダビング10の導入を決めたのは,総務大臣の諮問機関である情報通信審議会傘下の「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会(デジコン委)」である。ダビング10への移行は同委員会が2007年8月に公表したいわゆる「第4次中間答申」に基づき,同委員会の合意のうえで実施される手はずになっていたが,6月2日の期日までにこの合意ができなかった。

 合意が難航している背景には私的録音録画小委員会(録録小委)における権利者と家電メーカーとの深刻な対立がある。録録小委は,文部科学大臣の諮問機関 文化審議会 著作権分科会傘下で,私的録音録画補償金制度の抜本的改革を審議している。

 デジコン委,録録小委の両方に委員として参加し,権利者側のキーパーソンの一人である実演家著作隣接権センター(CPRA)の椎名和夫氏に,この問題の背景について聞いた。なお,このインタビューは2008年6月11日に行われた。(聞き手は山田 剛良)


――まず現状認識を教えてほしい。どこでどんな問題が起こっているととらえているのか。


実演家著作隣接権センター(CPRA)の椎名和夫氏 (画像のクリックで拡大)

椎名氏 問題は二つある。まず,録録小委で話し合われてきた私的録音録画補償金制度の改革案に家電メーカーが反対していること。過去2年間続けてきた議論を踏まえ,事務局(文化庁)は2008年5月8日に開かれた会合で「調整案」を提示した。この調整案に対し,権利者と消費者の委員は合意の意向を示したが,メーカーだけが反対した。立場は違うものの権利者と消費者のそれぞれが譲歩したのに対し,メーカーだけが一切譲歩しなかった。彼らが2年も3年も前に主張していたことをまた蒸し返しちゃった。

 ダビング10導入に当たっては,デジコン委が「クリエーターへの対価の還元が必要」と検討した経緯がある。これは第4次中間答申にもはっきり書かれている。権利者はこれをデジタル録画機に対する補償金制度の適用を意味すると理解している。デジコン委は補償金問題の帰趨をウオッチしており,録録小委が紛糾したことで,ダビング10の実施が止まっている。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング