• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > Sony Pictures,著作権者保護とUGCサービス発展の両立を目指す活動に参加

Sony Pictures,著作権者保護とUGCサービス発展の両立を目指す活動に参加

  • Tech-On!
  • 2008/06/16 10:28
  • 1/1ページ

 ソニーの米国法人Sony Pictures Entertainment(SPE)は米国時間2008年6月13日,同社と同社の運営するビデオ共有サイト「Crackle」でユーザー生成型コンテンツ(UGC:User Generated Content)に関する原則「User Generated Content Principles」を採用していくと発表した。

 このUGC原則とは,コンテンツ制作者の権利を保護しつつ,UGCサービスの合法的な発展を実現するためのガイドライン。(1)UGCサービスにおけるコンテンツ著作権侵害を排除する,(2)独自作成あるいは承認済みUGCの公開を促進する,(3)UGCサービスに著作権の公正使用を適用する,(4)ユーザー・プライバシ情報による合法的利益を保護する---ことを主な目的とする(関連記事:大手メディアおよびネット企業が協力,UGC発展に向けた原則を公開)。

 SPEは,UGC原則の作成作業に加わった米CBS,フランスDailymotion,米Fox Entertainment Group,米Microsoft,米News傘下の米Fox Interactive Media(FIM)によるSNS「MySpace.com」,米NBC Universal,米Veoh Networks,米Viacom,米Walt Disneyと協力し,同原則の推進,対応フィルタリング技術などの導入に取り組む。

[発表資料へ]

【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓