技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「時間がかかっても…」,JEITA庄山会長が「ダビング10」延期にコメント

赤坂 麻実=Tech-On!
2008/05/30 17:45
印刷用ページ
JEITA新会長の庄山悦彦氏
JEITA新会長の庄山悦彦氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は2008年度の役員を選任,日立製作所 取締役会長の庄山悦彦氏を会長,松下電器産業 代表取締役社長の大坪文雄氏を筆頭副会長とした。就任会見の席上で庄山氏は,地上デジタル放送などの著作権保護の新ルール「ダビング10」の運用が延期されたことについて,JEITA会長としての見解を述べた(Tech-On!関連記事)。

 庄山氏は「ダビング10問題に関して,機器メーカーはあくまで消費者の意見を代弁しているだけ」との立場を繰り返し強調。「(権利者団体などからの機器メーカー批判があるが)デジタル製品が今後も次々と投入されていく中で(現行制度のままで)消費者が本当に納得するのかどうか。権利者には(消費者の意向などを)できるだけ早くご理解いただきたい」と意見を述べた。北京五輪の開催が2カ月後に迫り,家電市場は夏商戦を迎えようとしているが「少し時間がかかっても(北京五輪に間に合わなくてもやむをえない)。中途半端な決め方をしたのでは,今度は我々メーカーに消費者の批判が集まる」とし,権利者側に対する妥協案の提示などはしない方針を示唆した。

「若いうちから,ものづくりの楽しさを」

 就任会見では,JEITAの2008年度の活動方針などが発表された。「2008年度のテーマは,国際競争力の強化。地球温暖化対策,税制/通商制度への要望,人材の育成に注力して競争力を高めたい」(庄山氏)。

 地球温暖化対策としては,グリーンIT推進協議会を通じた活動を中心に,洞爺湖サミットやCEATEC JAPANでの展示などを予定している。税制/通商制度への要望に関しては,国際租税制度や法人税率の適正化,FTA(自由貿易協定)/EPA(経済連携協定)の推進を望むとした。人材育成については,「若いうちから,ものづくりの楽しさに触れてもらいたい」(庄山氏)との考えで,中高生を対象としたセミナーやものづくり教室などを実施していく。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング