• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > イーライセンスの管理楽曲が「YouTube」で利用可能に

イーライセンスの管理楽曲が「YouTube」で利用可能に

  • 加納 征子=日経エレクトロニクス
  • 2008/05/20 18:19
  • 1/1ページ

 著作権管理事業者であるイーライセンスは,同社の管理する著作物に関して,動画共有サイト「YouTube」上での利用を許諾する契約を締結したと発表した(発表資料)。この契約によって,一般のYouTube利用者は,イーライセンスが管理する楽曲を自分で演奏および録画し,YouTubeサイトに公開することが可能になる。今回の契約の対象は,イーライセンスが管理するすべての管理著作物で,2008年3月末時点での曲数は1万7800曲。この中には,浜崎あゆみや大塚愛といった著名なアーティストの楽曲を含む。ただし,音楽の著作権のみに限っており,映像の著作権や著作隣接権は対象としていないという。

 なお,YouTubeを運営する米Google Inc.は2008年3月に,音楽著作権管理事業者であるジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)と,JRCが著作権を管理する楽曲のYouTubeにおける包括利用許諾契約を結んでいる(Tech-On!の関連記事)。

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓