家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

テレビの視聴体験を根本から変えたい――。1週間全チャンネル録画機「SPIDER PRO」を作った理由(後編)

PTP 有吉昌康氏,籠屋健氏

竹居 智久,山田剛良=日経エレクトロニクス
2008/05/09 10:00
印刷用ページ

PTPが開発した全チャンネル録画機「SPIDER PRO」 (画像のクリックで拡大)

 8チャンネル分の地上アナログ・テレビ放送を1週間分すべて録画できる,いわゆる全チャンネル録画機「SPIDER PRO」を開発したベンチャー企業PTP 代表取締役社長の有吉昌康氏と,ソフトウエア開発を担当する取締役の籠屋健氏へのインタビューの後編をお届けする。(聞き手は竹居智久,山田剛良)

前編はこちら


新しい視聴体験を与える

——検索ワードだけでは番組を探し切れないのでは?

有吉氏 このほかにもユーザーが目的の番組を探しやすいように,いろいろな工夫を盛り込んでいます。例えば,「いつも見る」機能。決まった番組や,タレントの名前,「ガソリン税」といった用語などを登録しておくと,録画してある期間内の全チャンネルの放送から番組を抽出してくれます。


登録しておいた番組名,タレント名,キーワードなどで番組を抽出 (画像のクリックで拡大)

 タレントの名前を登録すれば,テレビ局が提供する番組表情報に出演者として名前を連ねている番組だけでなく,そのタレントが出演したCMや,番組の途中で一時的にゲスト出演したシーンなども自動で抽出します。ほかにも企業名,製品分野および製品名などでCMを検索して再生できます。こうした検索の結果として抽出された映像は,連続再生することも可能です。


タレント名などを基に番組を検索できる (画像のクリックで拡大)

——なぜCMも検索できるようにしたのでしょうか?

有吉氏 「好きなタレントが出ているCMを見たい」というユーザーもいるはずです。たまたまCMで見たタレントを気に入ってそのタレントが出ている番組を見たいと思うことだってある。クルマに興味を持っている人がクルマのCMだけを連続して見るといった使い方もあるでしょう。

この記事を英語で読む

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング