• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > SKNET、バッファローなどフルセグ地デジチューナーを5月にも発売へ

SKNET、バッファローなどフルセグ地デジチューナーを5月にも発売へ

ダビング10対応へのアップグレードを全メーカーが実施

  • 稲川 哲浩=日経WinPC
  • 2008/03/29 00:26
  • 1/1ページ
エスケイネットが開発したUSB接続型の地上デジタル放送チューナー。現在はOEMだが,これをベースにパッケージ製品の開発を進めている。
エスケイネットが開発したUSB接続型の地上デジタル放送チューナー。現在はOEMだが,これをベースにパッケージ製品の開発を進めている。
[画像のクリックで拡大表示]

 エスケイネット(SKNET)やバッファローなどがフルセグメント(12セグメント)の周波数を使う地上デジタル放送を受信できるPC用チューナーを,2008年5月にも発売する考えであることが分かった。ピクセラも同時期での発売を目指しているようだ。PCIボード型やUSB接続型の製品が,2万~3万円の価格で登場する見通し。各社とも,ユーザーPCの推奨CPUスペックをCore 2 Duo以上としているが,放送視聴だけならCeleron(2GHz)で可能な製品も登場する。

 このフルセグ放送チューナーが使えるようになれば,HD画質(1080i)の番組やデータ放送をPCで視聴したり,HDDを使いHD画質で録画できるようになる。発売当初は録画データをダビングできない機能制限が付くが,6月にも10回までのダビングを認める規格(ダビング10)が定まれば,放送波によるファームウエアの更新による機能追加を全メーカーが実施する。

日経パソコン オンライン続きは,日経パソコン オンラインこちらでご覧いただけます。

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ