• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > SKNET、バッファローなどフルセグ地デジチューナーを5月にも発売へ

SKNET、バッファローなどフルセグ地デジチューナーを5月にも発売へ

ダビング10対応へのアップグレードを全メーカーが実施

  • 稲川 哲浩=日経WinPC
  • 2008/03/29 00:26
  • 1/1ページ
エスケイネットが開発したUSB接続型の地上デジタル放送チューナー。現在はOEMだが,これをベースにパッケージ製品の開発を進めている。
エスケイネットが開発したUSB接続型の地上デジタル放送チューナー。現在はOEMだが,これをベースにパッケージ製品の開発を進めている。
[画像のクリックで拡大表示]

 エスケイネット(SKNET)やバッファローなどがフルセグメント(12セグメント)の周波数を使う地上デジタル放送を受信できるPC用チューナーを,2008年5月にも発売する考えであることが分かった。ピクセラも同時期での発売を目指しているようだ。PCIボード型やUSB接続型の製品が,2万~3万円の価格で登場する見通し。各社とも,ユーザーPCの推奨CPUスペックをCore 2 Duo以上としているが,放送視聴だけならCeleron(2GHz)で可能な製品も登場する。

 このフルセグ放送チューナーが使えるようになれば,HD画質(1080i)の番組やデータ放送をPCで視聴したり,HDDを使いHD画質で録画できるようになる。発売当初は録画データをダビングできない機能制限が付くが,6月にも10回までのダビングを認める規格(ダビング10)が定まれば,放送波によるファームウエアの更新による機能追加を全メーカーが実施する。

日経パソコン オンライン続きは,日経パソコン オンラインこちらでご覧いただけます。

トップページへ

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓