家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

米Apple社がiPhone 向けSDKのβ版を公開

Phil Keys=シリコンバレー支局
2008/03/07 11:12
印刷用ページ
iPhone向けのSDKを発表するSteve Jobs氏
iPhone向けのSDKを発表するSteve Jobs氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
KPCB社のJohn Doerr氏
KPCB社のJohn Doerr氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
App Storeから購入ができるソフトウエアを見る様子
App Storeから購入ができるソフトウエアを見る様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
iPhone 2.0 softwareに含む企業向けの新機能
iPhone 2.0 softwareに含む企業向けの新機能
[クリックすると拡大した画像が開きます]
開発された「Hello World」アプリケーションを動作するiPhone Simulator
開発された「Hello World」アプリケーションを動作するiPhone Simulator
[クリックすると拡大した画像が開きます]
米Sega of America社がSDKを利用して開発した3次元のゲーム。iPhoneは加速度センサーを搭載するので,ゲームを操作する手法の一つはiPhone自体を動かせる。
米Sega of America社がSDKを利用して開発した3次元のゲーム。iPhoneは加速度センサーを搭載するので,ゲームを操作する手法の一つはiPhone自体を動かせる。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「我々は問題を解決した。開発者は自作のソフトウエアをiPhoneのユーザーに提供できる」。米Apple Inc.は2008年3月6日(米国時間),米クパチーノ市の本社で報道機関向けのイベントを開き,同社の携帯電話機「iPhone」と携帯型マルチメディア・プレーヤー「iPod touch」上で動作するソフトウエアをサードパーティが開発するためのSDK(software development kit)を公開したと発表した(発表資料)。公開されたSDKはβ版。Apple社は当初,iPhone向けSDKを2008年2月に公開するとしていたが,やや遅れた。

 Apple社はSDKに合わせ,サードパーティ製ソフトウエアに対応するiPhoneとiPod touch向けのファームウエアの新バージョン「iPhone 2.0 software」のβ版も公開した。正式版は6月に出荷する予定で,iPhoneのアップグレードは無償だが,iPod touchはいくらかの追加費用を設定する。 Apple社が提供するオンライン店舗からサードパーティ製のソフトウエアを直接購入する「App Store」機能や,企業向けアプリケーションのためのセキュリティ機能を追加した。

 Apple社はiPhone SDK自体を無料で提供するが,サードパーティが開発したソフトウエアの配信はApple社に限る。同社が提供する配信機能を利用するためにサードパーティは「iPhone Developer Program」に参加する必要があり,Apple社に費用を支払う必要がある。この費用は消費者向けソフトウエアの場合は,年間99米ドル,特定企業向けの専用ソフトウエアの場合は年間299米ドルである。さらにApple社は販売されたソフトウエア配信に際し,その価格の3割を徴収する。発表イベントで同社CEOのSteve Jobs氏は「ここから利益を上げるつもりはない」と述べているが,同社のこうした対応は議論を呼びそうだ。

 さらに今回,シリコンバレーの有力なベンチャー投資企業Kleiner Perkins Caufield & Byers社(KPCB社)がiPhoneやiPod touch向けのアプリケーション及びサービスを開発する企業に「iFund」と呼ぶ1億米ドルの投資ファンドを設けたと発表した(発表資料)。イベント会場の壇上に招かれた同社,PartnerのJohn Doerr氏は「こうした有力なプラットフォームはベンチャー投資家が支援するべきだと思う。米Google社を設立するために2400万米ドルの投資が必要だったが,今回の投資は4つのGoogle社を設立できる金額である」と述べた。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング