• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 【ETech】技術の力で政治を変えよう――Lawrence Lessig氏

【ETech】技術の力で政治を変えよう――Lawrence Lessig氏

  • 北郷 達郎=日経エレクトロニクス
  • 2008/03/06 16:14
  • 1/1ページ
講演するLawrence Lessig教授
講演するLawrence Lessig教授
[画像のクリックで拡大表示]

 O'Reilly Emerging Technology Conference(ETech)の三日目,夕方の基調講演に著書「CODE」や著作権の新しいありようである「Creative Commons」で知られるStanford Law SchoolのLawrence Lessig教授が登壇した。テーマは「Coding Against Corruption(汚職に対抗するコード)」。一時期上院議員に立候補するという噂もあったが,聴衆に訴える内容は政治色の強いものだった。

 「政府は簡単なことであっても意外と判断を誤ることが多い」と切り出したLessig氏は,一見当然の判断が下せそうなのに判断を誤った例として,著作権の期間延長,地球温暖化を認めるのに10年以上遅れたことなどを挙げ,こうした背景には「金(money)の存在がある」と指摘した。これは必ずしも悪徳政治家が収賄をするということではなく,善良であっても判断を誤る。その理由は「判断を下す際に,独立した考えで下すのではなく,何かに依存しているからだ。それが金だ」(Lessig氏)。

 米国の二大政党である共和党と民主党のどちらかに偏った話ではなく,また政治に限った話でもないという。そのためにLessig氏は,「Change Congress」と呼ぶ運動を始めようとしている。Creative Commonsのときと同じように,一種のシグナルとしてこの言葉を使い,さまざまなサイトで採用を呼びかける。

 また一方で,聴衆である技術者に対して「技術の力で政治を変えよう」と呼びかけた。具体的な方策は提示しなかったが,草の根的な創造を続けることで,政治家に圧力をかけることはできると説明した。「建国初期の時代は法律家が,第二次大戦の時代は戦士がヒーローだった。今はGeeks(技術オタク)がヒーローになる時代だ」と語り,協力を呼びかけた。Lessig氏の講演はスタンディング・オベーションで幕を閉じた。

おすすめ