技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

日本レコード協会が音楽配信サイトの識別に「エルマーク」,「違法性認識」の判断にも

望月 恵太=Tech-On!
2008/02/19 21:22
印刷用ページ
図1:会見の様子。左から,RIAJ専務理事の生野秀年氏,RIAJ 情報・技術部部長 兼 法務部担当部長の畑陽一郎氏,RIAJ  私的録音委員会委員長代行 兼 違法配信識別ワーキングチーム座長の秦幸雄氏。
図1:会見の様子。左から,RIAJ専務理事の生野秀年氏,RIAJ 情報・技術部部長 兼 法務部担当部長の畑陽一郎氏,RIAJ 私的録音委員会委員長代行 兼 違法配信識別ワーキングチーム座長の秦幸雄氏。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 日本レコード協会(RIAJ)は2008年2月19日,インターネット上で音楽を配信する事業者向けに,レコード会社が認めた正規のWebサイトであることを証明する「エルマーク」の運用を開始した(図1)。

 エルマークは,音楽配信サイトのトップ・ページや音楽ファイルを購入するページに表示させ(図2),レコード会社が正式に認めたサービスであることを示すもの。パソコン向け,携帯電話などのモバイル機器向けサイトの両方で使用する。レコード会社と配信契約を行った事業者が,RIAJの許可を得て使用する(図3)。RIAJはこのマークの商標登録を済ませているため,無断で使用した事業者に対してマークの使用中止が求められる。

 RIAJ 情報・技術部部長 兼 法務部担当部長の畑陽一郎氏は,「配信事業者にとってエルマークの使用は強制ではないし今後も強制する予定はない。ただし『B to Bの(暗黙の)ルール』として各事業者が自主的に採用していくだろう」とした。

 2008年2月19日現在,音楽配信事業者98社と音楽配信サービスを行っているレコード会社12社の計110社が運営する543のWebサイトで導入が決まっている。

携帯電話機からの無料ダウンロードが深刻化

 エルマーク導入の背景について,RIAJ 私的録音委員会委員長代行 兼 違法配信識別ワーキングチーム座長の秦幸雄氏は,携帯電話機などモバイル機器から無料で楽曲をダウンロードするケースが増えていることを挙げる。RIAJが2007年11月に行った調査では,携帯電話機向けの違法音楽配信サイト*からダウンロードされた楽曲の数が,有料でのダウンロード数を上回ったという結果も出ている(プレスリリース)。

*違法にアップロードされた楽曲ファイルが手に入るWebサイトのこと。サイトを運営すること自体は違法ではない。ただし,個人のユーザーがそうしたサイトを利用し,レコード会社などの許可なしにファイルをアップロードする行為は違法であるため,ここでは「違法(音楽配信)サイト」と呼ぶ。

 秦氏はこの結果について,携帯電話機から利用できる検索サイトや掲示板の普及が原因であるとする。携帯電話機向けの検索サイトで楽曲名やアーティストの名前を検索すると,簡単に違法音楽配信サイトが見つかることが問題だという。また,掲示板で違法サイトの情報交換が行われていることにも触れた。

 さらに秦氏は,携帯電話機からのダウンロードの対象が,楽曲の一部である「着うた」から楽曲全体である「着うたフル」に変わってきていることを指摘する。同氏によると,着うたフルはレコード会社にとって,かつてのシングルCD(8cm盤)に代わる収入源となっており,無料でダウンロードされた場合の影響が大きいとした。

将来的には「違法性認識」の判断基準に

 今後は,著作権法第30条の適用範囲が見直され,違法サイトからのダウンロード自体が違法になる可能性が高い(Tech-On!関連記事)。その場合,仮に法廷の場でレコード会社と違法サイトから楽曲をダウンロードした個人が争うような場合,その個人が違法性を認識していたかどうかが重要な争点の一つとなる。畑氏は,今回のエルマークが「違法性の認識」を裏付けるために役立つことを期待しているという。ただし,そのためには今後マークがどこまで普及するかが鍵になるという。

図2:「エルマーク」のデザインと表示方法。「エル」はLicense(許諾)の頭文字から取った。
図2:「エルマーク」のデザインと表示方法。「エル」はLicense(許諾)の頭文字から取った。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3:エルマークの運用体制。マークの使用が許可された事業者の名前は,RIAJのWebサイトで確認できる。
図3:エルマークの運用体制。マークの使用が許可された事業者の名前は,RIAJのWebサイトで確認できる。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4:エルマークの利用例その1(携帯電話機に向けた楽曲配信サイト)。
図4:エルマークの利用例その1(携帯電話機に向けた楽曲配信サイト)。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5:エルマークの利用例その2(パソコンに向けた楽曲配信サイト)。
図5:エルマークの利用例その2(パソコンに向けた楽曲配信サイト)。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
好評につき第2期開講決定!【2015年5月22日開催・技術者塾】
ものづくりイノベーター養成講座 (全5回)
経営視点から"ものづくり"をリードする着眼力と実行力を磨く


21世紀には“ものづくり”とビジネスモデルを同時に考えることのできる“ものづくりイノベーター”が求められています。
本講座では、経営者を支えて新製品・事業の開発で貢献できる人材を育成します。森岡謙仁氏とゲスト講師による講義に加え、ワークショップによって実務ノウハウを習得できます。 詳細は、こちら

日時:2015年
   5月22日(金)、6月12日(金)、7月8日(水)、
   8月5日(水)、9月16日(水)
   各日10:00~17:00(開場9:30)予定
会場:日経BP社 4F(東京・白金高輪)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング