• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 任天堂,海賊版対策を米政府に申し立て

任天堂,海賊版対策を米政府に申し立て

  • 吉澤 恵=日経エレクトロニクス
  • 2008/02/19 09:45
  • 1/1ページ

 任天堂の米国現地法人Nintendo of America Inc.は,米国通商代表部に通商法の「スペシャル301条」に基づく申し立てを行い,世界中に流通する同社のゲーム機やソフトウエアの海賊版対策をより積極的に行うよう要請した(発表資料)。任天堂によると,著作権侵害による同社の損害額は,2007年に約9億7500万米ドルにのぼったという。対象国の現地政府に協力を要請し,違法行為について対処していく。

 海賊版対策を要請した国は,次の通り。海賊版ソフトの大規模な生産拠点となっている中国,インターネットによりそれらの違法ソフトが流通している韓国。そして,海賊版ソフトが多く流通しているブラジル,メキシコ。それら違法ソフトの流通拠点であるパラグアイ,香港である。

この記事を英語で読む

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓