技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

【nano tech】東芝,熱電発電システムで太陽電池に対抗

河合 基伸=日経マイクロデバイス
2008/02/15 20:19
印刷用ページ
電流方向に結晶方位をそろえた
電流方向に結晶方位をそろえた
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Bi-Te系熱電変換素子
Bi-Te系熱電変換素子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
温泉とわき水の温度差で発電するシステム
温泉とわき水の温度差で発電するシステム
[クリックすると拡大した画像が開きます]
単位面積当たりの発電量は太陽電池よりも多い
単位面積当たりの発電量は太陽電池よりも多い
[クリックすると拡大した画像が開きます]
蓄熱ユニットと組み合わせた熱電発電システム
蓄熱ユニットと組み合わせた熱電発電システム
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 東芝は,熱電変換素子を使って工場などの廃熱を電力に変換する発電システムを「nano tech 2008」で展示した。単位面積当たりの発電量が太陽電池よりも多い点を生かして,工場などへの設置を目指す。

 150℃以下の低温域の排熱を利用するために,熱電変換素子の材料としてBi-Te系を選択した。既存のBi-Te系熱電変換素子よりも特性を高めるために,電流方向に結晶方位をそろえている。具体的には,Bi-Teに微量のSeとSbを添加した後,一方向凝固法でp型とn型の半導体材料を製造した。材料の特性を示す無次元性能指数(ZT)の値は1.0~1.1で,温度差100℃の場合の熱電変換効率は3.6%になる。

 東芝は,この熱電変換素子を使った発電システムを2005年12月に群馬県草津市に納めている。温泉とわき水の温度差で発電するシステムであり,2008年1月時点で運転時間は2万時間に達した。この成果を,展示会で広く一般に公開するのは初めてになる。

 太陽電池は,天候や昼夜によって発電量が左右される。これに対して熱電発電システムは,温泉などの安定した熱源があれば連続運転が可能である。このため,単位面積当たりの発電量が太陽電池よりも多くなるという。東芝では,昼間だけ稼働する工場などに向けて,蓄熱ユニットと組み合わせた熱電発電システムを開発している。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング