家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

“Tiffanyケータイ”も登場,高級感を打ち出したソフトバンクモバイルの春モデル(2)

北郷 達郎=日経エレクトロニクス
2008/01/28 21:44
印刷用ページ
「THE PRMIUM TEXTURE」823SHはファッションショー風の演出だった
「THE PRMIUM TEXTURE」823SHはファッションショー風の演出だった
[クリックすると拡大した画像が開きます]
JAPAN TEXTUREを手にしたモデル。こちらは京友禅
JAPAN TEXTUREを手にしたモデル。こちらは京友禅
[クリックすると拡大した画像が開きます]
“Tiffanyケータイ”のデザイン。実機ではなくCGで作成したもの。
“Tiffanyケータイ”のデザイン。実機ではなくCGで作成したもの。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ティファニーがプロデュースのドレスを着て登場した上戸彩さん。Tiffanyケータイをソフトバンクモバイルから贈られることに。
ティファニーがプロデュースのドレスを着て登場した上戸彩さん。Tiffanyケータイをソフトバンクモバイルから贈られることに。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 2008年1月28日にソフトバンクモバイルが発表した春モデルのうち,デザイン性を全面に打ち出したのが「THE PREMIUM TEXTURE」と名付けられた「823SH」だ(そのほかの春モデルについてはTech-On!関連記事1Tech-On!関連記事2を参照)。「ファッションに合わせてコーディネイトできる携帯電話機」(代表取締役社長の孫正義氏)。折りたたみタイプで,薄さは14.3mm。2.6型のQVGA液晶を搭載している。

 823SHの特徴は,9種類用意された「テクスチャー」である。本体の色は2種類だが,本物の木や革,カーボンといった素材で携帯電話機の表面を覆う。これによってデザインのバリエーションを増やしている。木の素材はエボニー(黒壇),革は牛革を染色して白や黒,パイソン風,クロコダイル風などに仕上げている。

 これら標準テクスチャーのほかに,限定テクスチャーとして京友禅や京漆器を取り入れた「JAPAN TEXTURE」を数量限定で販売する。京友禅は木村染匠,京漆器は象彦と,いずれも京都を代表する老舗と共同でテクスチャーを開発するという。素材に友禅や漆を採用することによって,高級感を全面に打ち出したものと言える。

 さらにそれを推し進めたものが,「Tiffanyケータイ」である。ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インクと協力し,823SHをベースに開発する。詳細はまだ決まっていないが,筐体にプラチナを採用し,合計20カラットを超えるダイヤモンドを400個前後あしらうという。このため「価格は1000万円で,10台限定とする」(孫社長)計画である。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング