• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > “Tiffanyケータイ”も登場,高級感を打ち出したソフトバンクモバイルの春モデル(2)

“Tiffanyケータイ”も登場,高級感を打ち出したソフトバンクモバイルの春モデル(2)

  • 北郷 達郎=日経エレクトロニクス
  • 2008/01/28 21:44
  • 1/1ページ
「THE PRMIUM TEXTURE」823SHはファッションショー風の演出だった
「THE PRMIUM TEXTURE」823SHはファッションショー風の演出だった
[画像のクリックで拡大表示]
JAPAN TEXTUREを手にしたモデル。こちらは京友禅
JAPAN TEXTUREを手にしたモデル。こちらは京友禅
[画像のクリックで拡大表示]
“Tiffanyケータイ”のデザイン。実機ではなくCGで作成したもの。
“Tiffanyケータイ”のデザイン。実機ではなくCGで作成したもの。
[画像のクリックで拡大表示]
ティファニーがプロデュースのドレスを着て登場した上戸彩さん。Tiffanyケータイをソフトバンクモバイルから贈られることに。
ティファニーがプロデュースのドレスを着て登場した上戸彩さん。Tiffanyケータイをソフトバンクモバイルから贈られることに。
[画像のクリックで拡大表示]

 2008年1月28日にソフトバンクモバイルが発表した春モデルのうち,デザイン性を全面に打ち出したのが「THE PREMIUM TEXTURE」と名付けられた「823SH」だ(そのほかの春モデルについてはTech-On!関連記事1Tech-On!関連記事2を参照)。「ファッションに合わせてコーディネイトできる携帯電話機」(代表取締役社長の孫正義氏)。折りたたみタイプで,薄さは14.3mm。2.6型のQVGA液晶を搭載している。

 823SHの特徴は,9種類用意された「テクスチャー」である。本体の色は2種類だが,本物の木や革,カーボンといった素材で携帯電話機の表面を覆う。これによってデザインのバリエーションを増やしている。木の素材はエボニー(黒壇),革は牛革を染色して白や黒,パイソン風,クロコダイル風などに仕上げている。

 これら標準テクスチャーのほかに,限定テクスチャーとして京友禅や京漆器を取り入れた「JAPAN TEXTURE」を数量限定で販売する。京友禅は木村染匠,京漆器は象彦と,いずれも京都を代表する老舗と共同でテクスチャーを開発するという。素材に友禅や漆を採用することによって,高級感を全面に打ち出したものと言える。

 さらにそれを推し進めたものが,「Tiffanyケータイ」である。ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インクと協力し,823SHをベースに開発する。詳細はまだ決まっていないが,筐体にプラチナを採用し,合計20カラットを超えるダイヤモンドを400個前後あしらうという。このため「価格は1000万円で,10台限定とする」(孫社長)計画である。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓