家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【Macworld】Apple社が最薄部4mmのノート・パソコンを公開,13.3型液晶パネルを備え,重さは約1.36kg

大石 基之=日経エレクトロニクス
2008/01/16 09:48
印刷用ページ
図1  MacBook AirとSteve Jobs氏
図1  MacBook AirとSteve Jobs氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 最薄部は4mm
図2 最薄部は4mm
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 13.3型液晶ディスプレイとフル・サイズのキーボードを備える
図3 13.3型液晶ディスプレイとフル・サイズのキーボードを備える
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「世界で最も薄いノート・パソコンを紹介したい。最薄部は0.16インチ(約4mm),最厚部でも0.76インチ(約19.3mm)しかない。しかもスペックは妥協しなかった」。米Apple, Inc.のCEOを務めるSteve Jobs氏は,米国サンフランシスコで開催中のMacworld Conference and Expoの基調講演で,超薄型ノート・パソコンの新製品「MacBook Air」を発表した。画素数が1280×800の13.3型液晶ディスプレイとフル・サイズのキーボードを備える。重さは約1.36kgと軽い。記録装置は80Gバイトの1.8インチHDDである。今後2週間以内にApple Storeで発売を始める。米国の小売価格は1799米ドルである。

 トラックパッドに,「iPhone」などでおなじみのユーザー・インタフェース「Multi-touch」機能を持たせた。例えば,トラックパッド上で親指と人差し指を動かしたりすることで,ウェブ・ページや写真の拡大・縮小ができたり,写真を回転させたり,複数の写真を左右に動かしたりできる。

 このほか,光センサを内蔵することで,ディスプレイの輝度とともにキーボードの各キーの輝度を自動的に調整する機能を備える。

  MacBook Airの主要なスペックは次の通り。OSは「Leopard」である。マイクロプロセサは米Intel Corp.の1.6GHz動作の「Core 2 Duo」で,4Mバイトの2次キャッシュ・メモリを内蔵する。フロントサイド・バスは800MHz。主記憶容量は2Gバイトで,1端子当たりの最大データ転送速度が667Mビット/秒のDDR2方式シンクロナスDRAMである。IEEE 802.11n規格のWi-FiおよびBluetooth 2.1に対応する。電池の駆動時間は最大5時間程度である。ビデオ・カメラなどに向けた「iSight」カメラを組み込む。Micro-DVIやUSB 2.0,ヘッドフォン・ジャックを備える。

  MacBook Airは,光ディスク・ドライブやEthernet端子を標準では備えていない。MacBook Air向けに設計された外付けの光ディスク・ドライブ「MacBook Air SuperDrive」を99米ドルで販売する。USBスロットに挿して使い,電源もUSB経由で供給する。Jobs氏によれば「多くのMacBook Airユーザーは光ディスク・ドライブの必要性を感じないだろう」と述べた。同氏のこうした主張の根拠は,今回,MacBook Air と同時に発表した,iTunesを通じて無線で映画をレンタルできるようにするサービスや,「Time Capsule」と呼ばれる無線によるデータなどの自動バックアップ装置の発売,さらに,無線を通じて離れた場所にあるパソコンからソフトウエア・アプリケーションをインストールできる機能を設けたことなどによる。

  MacBook Air では,BTO(build-to-order)オプションとして,1.8GHz動作のCore 2 Duoや64Gバイト容量のSSD(solid state drive)を選べる。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング