家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【最新ケータイ分解】メモリとプロセサのPoPがメイン基板に実装(P905i その2)

日経エレクトロニクス分解班
2007/12/20 09:05
印刷用ページ

「P905i」(VIERAケータイ)の中身は意外にも,整然とした作りになっていた。メイン基板のほぼ全面を覆っていた金属シールドを取り外すと,フレームで整然と区分けされたチップやモジュールが姿を現した。

この記事を英語で読む

さらに詳しい内容は,日経エレクトロニクス12月31日号に掲載予定。

この記事を中国語で読む

シールドを取り外した状態のメイン基板。チップやモジュール類が整然と区分けして実装されている。放射電磁雑音対策のシートや,放熱用シートなどは見られなかった
シールドを取り外した状態のメイン基板。チップやモジュール類が整然と区分けして実装されている。放射電磁雑音対策のシートや,放熱用シートなどは見られなかった
[クリックすると拡大した画像が開きます]
中央に実装されているICには,「M」の文字が。松下電器産業グループが製造した電源関連のICとみられる
中央に実装されているICには,「M」の文字が。松下電器産業グループが製造した電源関連のICとみられる
[クリックすると拡大した画像が開きます]
P905iは,松下電器産業のUniPhierプラットフォームに基づくアプリケーション・プロセサが,メモリーとPoP(パッケージ・オン・パッケージ)で実装されているという事前情報があった。そこから考えると,このSamsung Electronics社の刻印があるメモリーチップの下に,アプリケーション・プロセサが実装されているとみられる。メモリーチップが二つあることから,同様にベースバンドLSIもPoPで実装されているもようだ
P905iは,松下電器産業のUniPhierプラットフォームに基づくアプリケーション・プロセサが,メモリーとPoP(パッケージ・オン・パッケージ)で実装されているという事前情報があった。そこから考えると,このSamsung Electronics社の刻印があるメモリーチップの下に,アプリケーション・プロセサが実装されているとみられる。メモリーチップが二つあることから,同様にベースバンドLSIもPoPで実装されているもようだ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
メイン基板の端の方に,「CSR」という刻印のあるチップが実装されている。CSR社のBluetooth用ICとみられる。ただし,このICの下部に,ほぼ同寸法のセラミック基板が配置されている。CSR社のチップを使った,セラミック製のBluetoothモジュールのようだ
メイン基板の端の方に,「CSR」という刻印のあるチップが実装されている。CSR社のBluetooth用ICとみられる。ただし,このICの下部に,ほぼ同寸法のセラミック基板が配置されている。CSR社のチップを使った,セラミック製のBluetoothモジュールのようだ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
メイン基板の逆側の端に,「M」マークのワンセグ・チューナー・モジュールが実装されている。さらにその周囲に,シールドされたIC/モジュールが見える。GPS受信ICなどが実装されているとみられる
メイン基板の逆側の端に,「M」マークのワンセグ・チューナー・モジュールが実装されている。さらにその周囲に,シールドされたIC/モジュールが見える。GPS受信ICなどが実装されているとみられる
[クリックすると拡大した画像が開きます]
メイン基板の逆側に設けられたシールドも外してみた。比較的大きなICを中心に,多数の個別部品が実装され,樹脂モールドを施されていた。こちらも,RF送受信に関連する領域とみられる
メイン基板の逆側に設けられたシールドも外してみた。比較的大きなICを中心に,多数の個別部品が実装され,樹脂モールドを施されていた。こちらも,RF送受信に関連する領域とみられる
[クリックすると拡大した画像が開きます]
【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング