技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

JEITA,権利者からの「公開質問状」に一切回答せず,権利者会議は来週にも対応を発表

山田 剛良=日経エレクトロニクス
2007/12/10 17:07
印刷用ページ

 テレビ番組や映画,音楽などのコンテンツの著作権に関連する権利者団体が2007年12月7日を期限に回答を求めていた「公開質問状」に対し,電子情報技術産業協会(JEITA)が一切の回答を見送ったことが明らかになった。この公開質問状は,私的録音録画補償金制度の見直しに関連したJEITA関係者の一連の発言が,いわゆる「コピー・ワンスの緩和」に関する合意を破棄する意図を含むとして,権利者団体がJEITAの真意を問う目的で送っていた(Tech-On!関連記事)。公開質問状に名を連ねたのは,日本音楽著作権協会(JASRAC)や日本芸能実演家団体協議会,日本映画製作者連盟など28団体で構成する「デジタル私的録画問題に関する権利者会議」と,それに賛同する日本芸能実演家団体協議会加盟の59団体。

 この質問状への回答を見送った理由としてJEITAは本誌の取材に対し,
(1)JEITAは地上デジタル放送の普及を推進しており,コピー・ワンスの緩和に関する合意に賛同している
(2)私的録音録画補償金制度の見直しを議論する公の場として,文部科学大臣の諮問機関である文化審議会が開催する「私的録音録画小委員会」などがあり,あえて別の場で回答するのは混乱を招く
(3)公開質問状にある個別の質問に関するJEITAの意見は,既に公の場(例えば,総務省が8月に実施した「デジタル・コンテンツの流通の促進に向けて」に関する意見募集や文化庁が10月に実施した「私的録音録画小委員会中間整理」に関する意見募集に提出した意見)で明らかにしており,特に変更していない
といった理由を挙げている。

 権利者会議は現在,この問題に関して対応を検討中。「来週にも記者会見を開いてコメントを発表する」(日本芸能実演家団体協議会 常任理事の椎名和夫氏)としている。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング