• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > ブレーンボックス・ジャパン,ハードウエア・オートゲート機能を持つRS-422/485増設ボードを発売(発表資料要約)

ブレーンボックス・ジャパン,ハードウエア・オートゲート機能を持つRS-422/485増設ボードを発売(発表資料要約)

  • 赤坂 麻実
  • 2003/10/23 15:41
  • 1/1ページ
「CC-324」
「CC-324」
[画像のクリックで拡大表示]

 ブレーンボックス・ジャパンは,RS-422/485を1ポート増設するシリアル入出力ボード「CC-324」を発売した。ハードウエア・オートゲート機能でWindowsでの半二重通信に対応する。

 422/485の各ポートに「16750UART」を搭載し,64バイトのFIFOバッファで送受信が可能。16950チップによるオートゲート機能により,マルチタスクOSにおけるRTS信号の制御が可能になり,データの取りこぼしなく最高ボーレートでの通信が可能。

 価格は1万8800円。詳細は発表資料を参照。(日経ボード情報)

 ・問い合わせ先:ブレーンボックス・ジャパン
  電話:03-3833-2500 FAX:03-3833-2110
  http://www.brainboxes.co.jp/
  E-mail: info@brainboxes.co.jp

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓