• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > アバールデータ,カメラ・リンク・インタフェースに対応したPCIバスの画像入力モジュールを発売

アバールデータ,カメラ・リンク・インタフェースに対応したPCIバスの画像入力モジュールを発売

  • 日経ボード情報
  • 2003/12/02 15:00
  • 1/1ページ

 アバールデータは,カメラ・リンク・インタフェースに対応したPCIバスの画像入力モジュール「APC-3310CL」を2004年1月5日に発売する。最大24ビットまでの画像データを入力できる。また,カメラからの画像を32MバイトのFIFOを介し,オンボードDMA機能を使って,ホスト・メモリに転送できる。これにより,高速なカメラ入力データを,フレーム/ラインを落とすことなくホストCPU側で連続処理できるという。

 オプション・ユニット(PSM-3310-01)を基板上に付加することで,ハードウエアによるシェーディング補正,データ分配などの処理機能を追加,拡張できる。なお,2002年10月に発売した「APC-3310」(LVDSインタフェース品)とのソフトウエア互換性を持っている。今回の製品は,12月3日よりパシフィコ横浜で開催の「国際画像機器展」に出展する。価格は15万8000円。

 ・問い合わせ先:アバールデータ
 電話:042-732-1030 FAX:042-732-1032
 http://www.avaldata.co.jp
 E-mail: sales@avaldata.co.jp

【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ