• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > ブレーンボックス・ジャパン,RS-232Cを4ポート増設できる入出力ボードを発売(発表資料要約)

ブレーンボックス・ジャパン,RS-232Cを4ポート増設できる入出力ボードを発売(発表資料要約)

  • 赤坂 麻実
  • 2003/10/28 18:23
  • 1/1ページ
「CC-701」
「CC-701」
[画像のクリックで拡大表示]
「CC-734」
「CC-734」
[画像のクリックで拡大表示]

 ブレーンボックス・ジャパンは,RS-232Cを4ポート増設するシリアル入出力ボード「CC-701」を発売した。IRQやI/Oポート・アドレスの設定が不要。

 各ポートに「16550UART」を搭載し,16バイトのFIFOバッファで送受信が可能。15m以上の距離での通信ができる。「Serial Solutions Device Driver」というパッケージが付属,これを使って標準デバイスとして最大255個までのCOMポートを利用可能。RS-232Cを2ポート増設できる「CC-734」も同時発売する。

 価格は「CC-701」が5万3800円,「CC-734」が2万7800円。詳細は「CC-701」資料「CC-734」資料を参照。(日経ボード情報)

 ・問い合わせ先:ブレーンボックス・ジャパン
  電話:03-3833-2500 FAX:03-3833-2110
  http://www.brainboxes.co.jp/
  E-mail: info@brainboxes.co.jp

【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ