家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

「HD DVD規格のみに対応する」,米Paramount Pictures社と米DreamWorks Animation SKG社が発表

加納 征子=日経エレクトロニクス
2007/08/21 20:07
印刷用ページ

 米Paramount Pictures社と米DreamWorks Animation SKG社は2007年8月20日,映画を次世代光ディスクで販売する際に,HD DVD規格のみに対応する方針を発表した(発表資料)。今後HD DVD規格のみで発売されるのは,Paramount PicturesとDreamWorks Pictures,Paramount Vantage,Nickelodeon Movies,MTV Films,DreamWorks Animationから配給されるすべての映画。ただし,これにはSteven Spielberg氏が監督した映画は含まれない。

 Paramount Pictures社とDreamWorks Animation SKG社は,今回の方針を「現在市場で提供されている製品を広範囲に評価した結果」としている。HD DVD規格は低価格で生産でき,市場投入への準備が整った技術と判断したという。

 HD DVD規格のみへの対応は,2007年8月28日に発売されるコメディ映画「Blades of Glory」が皮切りとなる。その後は,「Transformers」や「Shrek the Third」が発売される予定。

 この発表を受けて,HD DVD規格の普及促進団体であるHD DVD Promotions Groupは,Paramount Pictures社とDreamWorks Animation SKG社が世界市場においてHD DVD規格を排他的に支持すると発表したことを歓迎するとの声明を発表した(PDFの発表資料)。HD DVD Promotions Groupは,「コスト競争力に優れるとともに,DVDでは実現できなかった先進機能が評価されたものと考えている」と話した。

 一方,Blu-ray Discの推進団体であるBlu-ray Disc Associationも,Paramount Pictures社とDreamWorks Animation SKG社の発表を受けて,コメントを発表した。Blu-ray Disc Associationは,「今回の決定は,コンシューマ向けおよび小売向けの両方で,Blu-ray Discが勢いづいていることを考えると,奇妙なタイミングに思える」とした。Blu-ray Disc規格のタイトルの販売数は,HD DVD規格の2倍程度という。また,Blu-ray DiscプレーヤーとHD DVDプレーヤーの価格差も,過去数カ月で大幅に縮まっているとする。

この記事を英語で読む

この記事を中国語で読む

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング