家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【iPhone分解】メイン基板は2枚重ね,隠れていたのはリンゴ印のLSI【動画あり】

竹居 智久=日経エレクトロニクス
2007/07/01 19:52
印刷用ページ

 iPhoneの裏ぶたを取り外した技術者たち(Tech-On!の関連記事)は,続いてメイン基板および2次電池の取り外しにとりかかった。基板を固定しているネジを外し,2次電池と基板を持ち上げるようにして本体から取り外した(図1)。


図1 メイン基板と2次電池。この写真の上面が,ディスプレイ側(表面)に向く方向で配置されていた(画像をクリックすると高解像度の画像データを開きます)

 電池は,ポリマ型のLiイオン2次電池である。「+3.7V LC_」といった文字が書かれているが,そのほかは6桁の数字が3個書いてある程度で,電流容量などの仕様は一見したところ判別できない(図2)。


図2 ポリマ型のLiイオン2次電池(画像をクリックすると高解像度の画像データを開きます)

 メイン基板は,両面実装のプリント基板を2枚重ねた構成になっているようだ。片面には,SIMカードを挿入するためのスロットを備えており,これが大きな場所を占めている。この基板と,ディスプレイ・モジュールなどの他の基板や部品との接続には,フレキシブル基板が多く使われている(図3)。そのほとんどに「APPLE」と書いてあり,同社のこだわりが垣間見える。


図3 フレキシブル基板を多用(画像をクリックすると高解像度の画像データを開きます)

 メイン基板と2次電池は,赤,白,黒の3本のケーブルで接続している。調べてみたところ,はんだで直接接続しているようだ。「2次電池を交換する場合はどうするんだろうか?」。技術者たちから疑問の声が上がった。電池の交換はあまり考慮していないようだ。

 「感電しないためにも,この配線は切るしかない。これを切ったらもう戻れませんよ」。もったいない気はしたものの,意を決して分解作業を続けた。


図4 2枚の基板を分離させる

 メイン基板を覆っていたシールドを取り外し,2枚の基板の間に工具を差し込むと,簡単に「パカッ」と外れた(図4)。基板と基板の間は1個のコネクタだけでつながっていたようだ。両面実装の2枚の基板の全貌が見えてきた(図5)。重なっていた部分の中から,Apple社のロゴマークが入った,約14mm角のパッケージのLSIが姿を現した。「ARM」という文字が確認できる。


図5 2枚の基板。左側の基板の上に右側の基板が載るような状態で配置されていた(画像をクリックすると高解像度の画像データを開きます)

動画 「分解編その2」(約1分36秒)
ビデオ再生にはWindows Media Playerが必要です。
再生ボタンをクリックするとビデオが始まります。

Powered by BPtv

この記事を英語で読む

この記事を中国語で読む

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング