技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

デジタル・コンテンツ著作権の事前許諾を省く新法提案に権利者団体が反発

赤坂 麻実=Tech-On!
2007/05/16 17:50
印刷用ページ


著作権問題を考える創作者団体協議会 議長の三田誠広氏
 「商取引の一方を利するような法はおかしい」---。日本文藝家協会や日本音楽著作権協会など17の創作者団体から成る「著作権問題を考える創作者団体協議会」(以下,考える会)は2007年5月16日,東京都内で記者会見を開き,内閣府の経済財政諮問会議で提案された「デジタル・コンテンツ流通促進法制」に懸念を表明した。

 デジタル・コンテンツ流通促進法制は,2007年2月27日,経済財政諮問会議の第4回会合において日本経済団体連合会(経団連)会長の御手洗冨士夫氏や伊藤忠商事の代表取締役会長である丹羽宇一郎氏ら4人の連名で提案されたもの。デジタル・コンテンツの流通を活発にするために「全ての権利者からの事前の許諾に代替しうる,より簡便な手続き等」の制定を含む新法を2年以内に整備すべき,という内容だ。

 これに対し,考える会は「日本の著作権法は厳しいとの思い込みが政財界に広がっているようだ。米国では『フェアユース』の概念に基づいてデジタル・コンテンツがインターネット上で自由に使われている,という誤解もこうした考えに影響していると思われる」(議長の三田誠広氏)とする。

 フェアユースとは,コンテンツの利用目的や原作品の売り上げを阻害する度合いなどの4つの観点から,その利用が公正と認められる場合は,コンテンツの無断利用が許されるという考え方のこと。三田氏によれば「米国でも実際にはコンテンツ利用後に訴訟に発展し賠償命令が下るケースが少なくない。日本だけが厳しいということではなく,著作権に関する事前許諾は全世界で一般的なものだ」。

 考える会は,コンテンツ利用許諾条件や利用手続きを検索できるデータベースとポータルサイトを構築して利用者の利便性を向上させることが,コンテンツ利用促進につながるとの考えを示している。「政府には,コンテンツと権利者情報などを結びつける環境の整備などに着手してもらいたい。商取引の一方(コンテンツ利用者)を利するような法制は疑問」(日本芸能実演家団体協議会 実演家著作隣接権センター運営委員の椎名和夫氏)とし,2007年5月17日にも文化庁に対して提言を行う予定という。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング