• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 【NAB2007】Google社CEOが登場,「YouTubeへの違法な投稿を自動で削除するソフトを開発中」

【NAB2007】Google社CEOが登場,「YouTubeへの違法な投稿を自動で削除するソフトを開発中」

  • 竹居 智久=日経エレクトロニクス
  • 2007/04/17 23:36
  • 1/1ページ
米Google社 Chairman of the Executive Committee and CEOのEric Schmidt氏(右)
米Google社 Chairman of the Executive Committee and CEOのEric Schmidt氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 「『YouTube』にアップロードされた著作権に問題があるコンテンツを自動的に削除するソフトウエアを開発しており,数社の協力を得ながら試験をしているところだ」──。米ネバダ州ラスベガスで開催中の「NAB2007」で,米Google, Inc. CEOのEric Schmidt氏はこのように語った。協力している企業の名前などは明らかにしなかったが,数カ月のうちに実用化できるという見通しを示した。

 ニュース・キャスターとして知られるJohn Seigenthaler氏が質問しながらSchmidt氏がそれに答えていくという形式で進められたセッションでは,Google社が直近に発表した企業買収などにも話が及んだ。インターネット広告大手の米DoubleClick, Inc.を約31億米ドルで買収することについてSchmidt氏は,「DoubleClickが持っているツールと,我々が持っているツールを組み合わせれば,広告主により大きな効果を与えられる」と説明した。また米Clear Channel Communications, Inc.の事業部門であるラジオ放送大手のClear Channel Radioとラジオ放送の広告で提携したことについては,「我々が協力することで,Clear Channelはより多くの収益を上げられるようになるだろう」と自信を見せた。

 Schmidt氏は,「Googleは新しい現象だ」とし,既存のテレビやラジオを置き換えるものではないとの考えを示した。Clear Channel Radioとの提携で言及したように,Googleの技術がテレビやラジオの広告市場の拡大に寄与できると主張した。

【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格である、新しい要求分析手法「ニーズとものをつなぐQFD手法」のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ