• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 【NAB2007】Google社CEOが登場,「YouTubeへの違法な投稿を自動で削除するソフトを開発中」

【NAB2007】Google社CEOが登場,「YouTubeへの違法な投稿を自動で削除するソフトを開発中」

  • 竹居 智久=日経エレクトロニクス
  • 2007/04/17 23:36
  • 1/1ページ
米Google社 Chairman of the Executive Committee and CEOのEric Schmidt氏(右)
米Google社 Chairman of the Executive Committee and CEOのEric Schmidt氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 「『YouTube』にアップロードされた著作権に問題があるコンテンツを自動的に削除するソフトウエアを開発しており,数社の協力を得ながら試験をしているところだ」──。米ネバダ州ラスベガスで開催中の「NAB2007」で,米Google, Inc. CEOのEric Schmidt氏はこのように語った。協力している企業の名前などは明らかにしなかったが,数カ月のうちに実用化できるという見通しを示した。

 ニュース・キャスターとして知られるJohn Seigenthaler氏が質問しながらSchmidt氏がそれに答えていくという形式で進められたセッションでは,Google社が直近に発表した企業買収などにも話が及んだ。インターネット広告大手の米DoubleClick, Inc.を約31億米ドルで買収することについてSchmidt氏は,「DoubleClickが持っているツールと,我々が持っているツールを組み合わせれば,広告主により大きな効果を与えられる」と説明した。また米Clear Channel Communications, Inc.の事業部門であるラジオ放送大手のClear Channel Radioとラジオ放送の広告で提携したことについては,「我々が協力することで,Clear Channelはより多くの収益を上げられるようになるだろう」と自信を見せた。

 Schmidt氏は,「Googleは新しい現象だ」とし,既存のテレビやラジオを置き換えるものではないとの考えを示した。Clear Channel Radioとの提携で言及したように,Googleの技術がテレビやラジオの広告市場の拡大に寄与できると主張した。

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓