• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 米Widevine Technologies社の著作権保護技術がFlash形式動画に対応

米Widevine Technologies社の著作権保護技術がFlash形式動画に対応

  • Phil Keys=シリコンバレー支局
  • 2007/04/13 07:43
  • 1/1ページ

 米Widevine Technologies, Inc.は,「Widevine Cypher」と呼ぶ同社のDRM技術を米Adobe Systems Inc.の「Flash」形式の動画に対応させたと発表した(発表資料)。YouTubeをはじめとする多数の動画コンテンツを扱うWWWサイトは,パソコンに搭載したOSやブラウザの種類を問わず使えることから, Flash形式の動画を採用している。同社技術を採用しているユーザーがFlash形式の動画への対応を依頼したという。社名は明らかにしないが,米大手テレビ・ネットワークが運営する動画配信サイトでWidevine CypherのDRMを採用したFlash形式動画を採用済みとする。

 Widevine Cypherはブロードバンド接続もしくは事業者が運営する非公開のIP網を使って配信する動画コンテンツの保護に使える。パソコン以外にセットトップ・ボックスやHDD録画機,次世代光ディスク再生機,携帯端末などに対応する。現在のところWidevine Cypherは,ブロードバンド接続でユーザーに配信するFlash形式動画の保護に使われている。Widevine社は非公開IP網の中で同技術を適用するニーズも高まるとする。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓