家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

Apple TVを分解,NVIDIAのグラフィックスLSIを確認

北郷 達郎=日経エレクトロニクス
2007/03/26 18:22
印刷用ページ
写真1 底面のパネルを開けたところ。パネル側に富士通製HDDが取り付けられている。
写真1 底面のパネルを開けたところ。パネル側に富士通製HDDが取り付けられている。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
写真2 基板を外したところ。全体が放熱フィンを兼ねた設計となっている。
写真2 基板を外したところ。全体が放熱フィンを兼ねた設計となっている。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
写真3 メインのプリント基板。目を引くチップは四つある。
写真3 メインのプリント基板。目を引くチップは四つある。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
写真4 グラフィックスLSIは米NVIDIA社のGeForce Go 7300と見られる。
写真4 グラフィックスLSIは米NVIDIA社のGeForce Go 7300と見られる。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
写真5 マイクロプロセサはPentium Mのようだ。
写真5 マイクロプロセサはPentium Mのようだ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 2007年3月23日に日経エレクトロニクスが入手したApple TVを分解した。Mac Miniよりも複雑な構造になっているのではないかと想像していたが,予想外にシンプルな作りで簡単に分解することができた。

 まず底面のゴムをめくると,各隅にそれぞれトルクス・タイプのビスが止められている。これを外すだけで,簡単に底面のパネルを取り去ることができた(写真1)。ざっと見て目立つのは,基板中央に鎮座する冷却ファンと,底面側にあるHDDだ。HDDは富士通製。冷却ファンの隣には無線LANモジュールがあり,そこから上面パネルに向かって青と黒の線が伸びている。アルミ板で仕切られた反対側に,アンテナが2本張ってあるものと推察される。

 プリント基板はすべてトルクス・タイプのビスで固定されている。1本だけ,ドライバーの軸が細くないと差し込めない個所があるが,それ以外は割と簡単に外せるものばかりだった。プリント基板を取り出すと,筐体が放熱フィンを兼ねた設計になっていることが分かる(写真2)。

 一方,プリント基板上には,大きく四つのチップが搭載されている。米Intel社製のチップが3個(マイクロプロセサとチップセット)と,米NVIDIA社のグラフィックスLSIである。熱伝導グリースを塗っていないチップの一つには,「0G82945GUXL」と印刷されており,82945Gチップセットのノース・ブリッジの部分であると見られる。もう一つは判別が不能だが,おそらくはサウス・ブリッジと考えられる。

 グリースを塗ってある二つのチップが,マイクロプロセサとグラフィックス・プロセサ(GPU)である。GPUには「GF-GO-7300U」と印刷されており,GeForce Go 7300と見て間違いないだろう(写真4)。もう一方のチップは「INTEL」表記の後に,「'04」の表記が見られる。事前の噂ではDothanコアのチップと言われていたが,Dothanコアのチップにも同様の表記をしているものがあり, Pentium Mである可能性は高そうだ(写真5)。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング