• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > ケータイで買ってパソコンで視聴,インテルら3社が配信サービスの実証実験を開始

ケータイで買ってパソコンで視聴,インテルら3社が配信サービスの実証実験を開始

  • 浅川 直輝=日経エレクトロニクス
  • 2007/03/05 22:03
  • 1/1ページ
図1 配信サービスの利用シーン(クリックで拡大)
図1 配信サービスの利用シーン(クリックで拡大)
[画像のクリックで拡大表示]

 帰りの通勤電車に揺られるサラリーマン。おもむろにケータイを取り出して,あるアプリを起動した。「今日は,家でどの漫才を見ようかな…」画面に現れた番組リストから,お気に入りの芸人が出てくる番組を選択して「購入」ボタンを押す。

 そして帰宅後,彼はパソコンを起動して,パソコンのFeliCaポートにケータイをかざした。「ピッ!」と音が鳴り,ウィンドウが開く。そしてパソコンの画面いっぱいに,ケータイで購入した漫才番組が映し出された――。

 インテル,フェイス,吉本興業の3社は,携帯電話機でいったん購入した映像コンテンツを,携帯電話機だけでなくパソコンでも視聴できる配信サービスの実証実験を開始する。映像コンテンツに関する権利情報を携帯電話機が保持し,その権利情報をFeliCa経由でパソコンに送信する仕組みである。「肌身離さず持っている携帯電話機は,コンテンツの権利情報を保持する機器として最適。権利情報をそのまま持ち歩けるので,例えば友人宅のパソコンやインターネット・カフェのパソコンでも,購入した映像コンテンツを視聴できる」(フェイス 代表取締役社長の平澤創氏)。

 実験の期間は,2007年3月6日から6月30日までの約4カ月間。参加ユーザーはその間,無料で同サービスを楽しめる。実験に参加するには,FeliCa機能を持つ携帯電話機とパソコンを用意し,それぞれに専用アプリケーション・ソフトウエアを導入する必要がある。この実証実験には,吉本興業,朝日放送,eレッスンNHK出版,ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インタナショナル ジャパンなど13社が映像コンテンツを提供する。

近距離通信で再生許可を出す

 同サービスの権利認証を担うのが,フェイスが開発した認証技術「Near Field Right Management(以下NFRM)」である(Tech-On!関連記事)。NFRM自体はコンテンツの暗号化/復号化は行わず,コンテンツの再生回数やコピー回数といった権利情報を管理する。コンテンツの暗号化は,Windows Media DRMやOMA DRMといった標準的なDRMが担う。「NFRMは,DRMで保護したコンテンツをさらにラッピングするというイメージだ」(フェイス 取締役の踊契三氏)。

 このほかNFRMは,他のDRMへの変換を許可するフラグ情報を持つこともできる。Windows Media DRM,OMA DRM,Verimatrixなどの主要なDRMに対応する。ただし,DRMの互換運用技術の標準を定める「Coral Consortium」には準拠していない。映像の配信方法はストリーミング,ダウンロードいずれにも対応する。あらかじめ機器に蓄積されたコンテンツに再生許可を出す,いわゆる「超流通」のような使い方も可能という。機器と機器の接続には,FeliCaに限らず無線LAN,Bluetooth,IrDAなどさまざまな近距離通信技術が使える。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓