• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【PS3/Wii分解続報】中核LSIのチップ面積を比べてみた

【PS3/Wii分解続報】中核LSIのチップ面積を比べてみた

  • 枝 洋樹=日経エレクトロニクス
  • 2006/11/24 17:40
  • 1/1ページ
左がCellで右がRSX。RSXには4個のGDDR3 シンクロナスDRAMも封止してある。
左がCellで右がRSX。RSXには4個のGDDR3 シンクロナスDRAMも封止してある。
[画像のクリックで拡大表示]
左がBroadwayで右がHollywood。Hollywoodに実装されている二つのチップのうち,上がVegasで下がNapaとみられる。
左がBroadwayで右がHollywood。Hollywoodに実装されている二つのチップのうち,上がVegasで下がNapaとみられる。
[画像のクリックで拡大表示]

 「プレイステーション 3」(PS3)と「Wii」のメイン・ボードに実装されているマイクロプロセサとグラフィックスLSIのチップ面積を調べてみた。いずれもパッケージ上面に貼り付けられているヒート・スプレッダを取り除くと,インターポーザにフリップ・チップ実装されたダイが現れた。

 それぞれのチップ寸法をノギスで実測すると,PS3のマイクロプロセサ「Cell」は19.0×12.0mm(228mm2),グラフィックスLSI「RSX」は16.2mm×15.9mm(258mm2)だった。ちなみに,発売当時の「プレイステーション 2」(PS2)が搭載していた「Emotion Engine」のチップ面積は226mm2,「Graphics Synthesizer」のチップ面積は279mm2である。つまり,設計ルールこそ異なるものの,中核LSIのチップ面積は,PS3とPS2でほとんど同じということが分かった。

 なお,PS3でサウス・ブリッジの役割を果たすチップの寸法は,13mm×13mmである。PS2との互換性を高めるために搭載した「EE+GS」は,別のブリッジLSIを介して,このサウス・ブリッジにつながっている。つまり,PS2が搭載する入出力LSI「IOP」は,このブリッジLSIとサウス・ブリッジ,Cellによって代替している。なお,PS3が搭載しているEE+GSのチップ寸法は,12.5mm×7mm程度だった。

 CellやRSXを観察した後に,Wiiのマイクロプロセサ「Broadway」のチップを見るとその小ささに驚く。寸法は4.2mm×4.5mm(18.9mm2)だった。「ゲームキューブ」が発売時に搭載していたマイクロプロセサ「Gekko」(チップ面積は43mm2)の半分以下である。

 Hollywoodのヒート・スプレッダを取り去ると,二つのチップを封止したマルチチップ・モジュールであることが分かる。このうち外付けしたGDDR3 シンクロナスDRAMに近い方にある9mm×8mmのチップが,グラフィックス描画回路やDRAMコントローラ,各種入出力回路を集積したシステムLSI(開発コード名:Vegas)で,寸法が13.5mm×7mmのもう片方のチップが米MoSys社の「1T-SRAM」技術に基づく高速DRAM(開発コード名:Napa)とみられる。なお,ゲームキューブが発売時に搭載していたシステムLSI「Flipper」のチップ面積は110mm2だった。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓