リリース)。300mmウエーハを180枚/時で処理できる。解像度は280nm,開口数(NA)は0.62,露光領域は26mm×33mmである。2007年第2四半期に販売を開始する。"> リリース)。300mmウエーハを180枚/時で処理できる。解像度は280nm,開口数(NA)は0.62,露光領域は26mm×33mmである。2007年第2四半期に販売を開始する。">
  • BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【セミコン・プレビュー】ニコン,スループットを1.5倍に高めた i線露光装置を開発

【セミコン・プレビュー】ニコン,スループットを1.5倍に高めた i線露光装置を開発

  • 大下 淳一=日経マイクロデバイス
  • 2006/11/20 17:44
  • 1/1ページ
 ニコンは,スループットを従来比で54%高めた i 線露光装置「NSR-SF150」を開発した(リリース)。300mmウエーハを180枚/時で処理できる。解像度は280nm,開口数(NA)は0.62,露光領域は26mm×33mmである。2007年第2四半期に販売を開始する。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ