家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ビデオ・インタフェース規格「DisplayPort」が仕様拡張,著作権保護にHDCPを採用

堀切 近史=日経エレクトロニクス
2006/11/02 16:19
印刷用ページ

 パソコンやデジタル家電に向けた次世代ビデオ・インタフェース規格「DisplayPort」の仕様拡張の検討が,ディスプレイ関連の標準化を手掛けるVESA(Video Electronics Standards Association)で始まった。DisplayPort Version1.1となる拡張規格は,著作権保護技術として新たにHDCP(high bandwidth digital content protection)をサポートするほか,PCI Expressの設計資産を生かせるような仕様の追加を図るという。既存のVersion1.0が採用する著作権保護技術は,DisplayPort向けに策定したDPCP(DisplayPort Content Protection)だけだった。HDMIやDVIが採用するHDCPにも対応させることで,相互接続性を高める狙いがある(発表資料)。

 VESAは,2007年中にもDisplayPort Version2.0としてさらなる仕様拡張を図る意向である。詳細は明らかにしていないが,Version1.0で導入したマイクロパケットと呼ぶ伝送方式との互換性は維持するという。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング