EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

【CEATEC】デジタル家電向けDRMのMarlin,ついにSDKとリファレンス実装を会員向けに公開

進藤 智則=日経エレクトロニクス
2006/10/06 20:50
印刷用ページ
 デジタル家電向けのDRMを策定する米Marlin Developer Community(MDC)は,MDCの会員向けにMarlin DRMのリファレンス実装,およびソフトウエア開発キット(SDK)を公開した。Marlin DRMは,ソニーや松下電器産業ら日本のテレビ・メーカー5社が主導するテレビ向け映像配信サービス「アクトビラ」で採用予定のDRMである。これまでは仕様書の公開のみだったが,2007年度にアクトビラでストリーミング型VOD配信サービスを予定していることもあり,いよいよSDKとリファレンス実装の公開に踏み切った。  CEATECの「デジタルホーム実証実験」のブースでは,Marlin DRMは説明パネルのみであり,各社のVOD型映像配信の実演では,まだMarlin DRMは実装されていない。しかし,アクトビラを運営するテレビポータルサービスに出資するテレビ・メーカー5社は,既にMarlin DRMのリファレンス実装を受け取り,自社のテレビへの移植作業に着手している模様である。リファレンス実装には,DRMとしての基本的なアルゴリズムなどが実装されているが,5社のテレビで用いているマイクロプロセサの種類やその処理性能などはバラバラのため,「基本的には,各社が自社のハードウエアに合うように最適化作業をしている」(ブースの説明員)という。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング