家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

マイクロソフトの著作権保護技術が採用拡大,ナップスターは定額制音楽配信を今秋開始へ

内田 泰=日経エレクトロニクス
2006/05/31 17:24
印刷用ページ

 マイクロソフトは5月31日,同社が開発したデジタル・メディア向けの技術「Windows Media Technology(WMT)」を搭載したサービスや機器を,新たに8社が提供を開始すると発表した。

 具体的には,WMTの一つの機能である著作権保護技術「Windows Media DRM 10」を採用したサービスを,ナップスタージャパン,青山キャピタル,NTTコミュニケーションズの3社が提供を開始する。さらに,Windows Media DRM 10を採用した携帯型プレーヤーを日本ビクター,東芝など4社が発売する。

 Windows Media DRM 10はコンテンツの時限管理機能を持つ。これを利用すると,ダウンロードしたコンテンツの使用期間を制御できるため,会員向けの定額制コンテンツ配信サービスや,それに対応した携帯型プレーヤーの開発が可能になる。

 例えば,ナップスタージャパンは,2006年秋より月額定額制の音楽配信サービスを開始する。日本での月額料金は未定だが,既に米Napster社が米国で展開しているサービスは,月額9.95米ドルでパソコンに楽曲を無制限にダウンロードできる。パソコンにダウンロードした楽曲を,Windows Media DRM 10に対応した携帯音楽プレーヤーに転送して持ち運べるプランもある。こちらは月額14.95米ドルだ。ナップスタージャパンは,サービス開始時に,洋楽・邦楽を合わせて150万曲を用意するとしている。
 
 なお,日本ビクターは5月31日,フラッシュメモリーを搭載した携帯型音楽プレーヤー2機種を発表した。容量1GBと512MBの製品で,6月下旬に発売する。Windows Media DRM 10に対応しており,ナップスタージャパンなどが今後開始する定額制配信サービスを使える,としている。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング