• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > Sun社は「Project DReaM」オープンな著作権保護技術の一部の公開を発表

Sun社は「Project DReaM」オープンな著作権保護技術の一部の公開を発表

  • Phil Keys=シリコンバレー支局
  • 2006/03/24 05:48
  • 1/1ページ

 米Sun Microsystems, Inc.(Sun社)は,ロイヤルティー・フリーで利用できるDRM(digital rights management)システムの標準を目指して開発している著作権保護技術「Project DReaM」の一部を公開した(Tech-On!関連記事発表資料)。今回公開されたのは,IPネットワークを使ってMPEG-2 TS(transport stream)で配信するコンテンツ,いわゆるIPTV(internet protocol television)の著作権を保護するための「DReaM-CAS」(conditional access system)や,DRMのライセンス管理システム向けの「DReaM-MMI」(mother may I)のドラフトである。DReaM-CASを導入した試作システムのソース・コードも公開した。

 Project DReaMは,オープンソースという触れ込みでSun社が進めている「Open Media Commons」プロジェクトの一環である。Project DReaMの発表は2006年3月15日~16日に米カリフォルニア州サンタクララ市で開催したOpen Media Commonsの初の会議の成果となる。この会議にはSun社の他に,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.や米Panasonic Research and Development社,米Motorola, Inc.,米Apple Computer, Inc.,米Sony BMG Music Entertainment,米Warner Music Group,米Walt Disney Imagineerngなどを含む36企業および団体の代表が参加した。

 Project DReaM関連のドラフトは,Open Media Commons向けの「Open Media Commons Terms」(OMC Terms)と呼ぶ条件の下で公開された。Sun社は同技術を導入したシステムのソース・コードをオープンソース「Common Development and Distribution License」(CDDL)上で公開する。Project DReaMの仕様書はOpen Media CommonsのWWWサイトに公開している。DReaM-CASを導入した試作システムのソース・コードは別のWWWサイトから入手できる。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓