家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ビデオ対応版iPodを分解した

日経エレクトロニクス分解班
2005/10/21 18:30
印刷用ページ
金属製のフレームが強度を高める
金属製のフレームが強度を高める
[クリックすると拡大した画像が開きます]
金属製のフレーム
金属製のフレーム
[クリックすると拡大した画像が開きます]
フレームに基板がはまっている
フレームに基板がはまっている
[クリックすると拡大した画像が開きます]
新型iPodの中の様子
新型iPodの中の様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ホイールを外す
ホイールを外す
[クリックすると拡大した画像が開きます]
基板の裏側にHDDがある
基板の裏側にHDDがある
[クリックすると拡大した画像が開きます]
内蔵するHDD
内蔵するHDD
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 新型iPodで動画を楽しむのもつかの間,分解班は本業の解体に取りかかった。筐体表側のプラスチックと裏側の金属部分の間に,テレホンカードを差し込み隙間を空け,さらにドライバを入れて徐々に筐体を外していく。

 すっかり裸になったiPodを見ると真っ先に目に飛び込んできたのは,骨組みとして筐体を支える金属製のフレームだった。形状や色からみて,Mg合金を鋳造して形成したようだ。そのフレームに液晶パネルやプリント配線基板がすっぽりとはまるようになっている。液晶を大画面にしつつ筐体を薄くしたことで低下した強度を補うのが目的とみられる。プリント配線基板は,ビスではなく接着テープでフレームに固定されていた。衝撃の吸収を考慮してのことかもしれない。

 プリント配線基板上には,既存のiPodと同じ米Portal Player, Inc.のオーディオLSIが搭載してある。型番は「5021C」。「iPod nano」と同じである。そのそばには,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.のシンクロナスDRAMと,米Broadcom Corp.のマルチメディア・データの処理に向けたLSI「BCM2722」が実装してある。Broadcom社のチップは,動画コンテンツの処理を担うものとみられる。データシートによると,例えばVGAサイズの動画像のMPEG-4方式の符号化を30フレーム/秒で実行できるようだ。

 2次電池は金属筐体に接着剤で固定されている。外してみると三洋ジーエスソフトエナジー製のLiイオン2次電池であることが分かった。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング