• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > ビデオ対応版iPodを分解した

ビデオ対応版iPodを分解した

  • 日経エレクトロニクス分解班
  • 2005/10/21 18:30
  • 1/1ページ
金属製のフレームが強度を高める
金属製のフレームが強度を高める
[クリックすると拡大した画像が開きます]
金属製のフレーム
金属製のフレーム
[クリックすると拡大した画像が開きます]
フレームに基板がはまっている
フレームに基板がはまっている
[クリックすると拡大した画像が開きます]
新型iPodの中の様子
新型iPodの中の様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ホイールを外す
ホイールを外す
[クリックすると拡大した画像が開きます]
基板の裏側にHDDがある
基板の裏側にHDDがある
[クリックすると拡大した画像が開きます]
内蔵するHDD
内蔵するHDD
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 新型iPodで動画を楽しむのもつかの間,分解班は本業の解体に取りかかった。筐体表側のプラスチックと裏側の金属部分の間に,テレホンカードを差し込み隙間を空け,さらにドライバを入れて徐々に筐体を外していく。

 すっかり裸になったiPodを見ると真っ先に目に飛び込んできたのは,骨組みとして筐体を支える金属製のフレームだった。形状や色からみて,Mg合金を鋳造して形成したようだ。そのフレームに液晶パネルやプリント配線基板がすっぽりとはまるようになっている。液晶を大画面にしつつ筐体を薄くしたことで低下した強度を補うのが目的とみられる。プリント配線基板は,ビスではなく接着テープでフレームに固定されていた。衝撃の吸収を考慮してのことかもしれない。

 プリント配線基板上には,既存のiPodと同じ米Portal Player, Inc.のオーディオLSIが搭載してある。型番は「5021C」。「iPod nano」と同じである。そのそばには,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.のシンクロナスDRAMと,米Broadcom Corp.のマルチメディア・データの処理に向けたLSI「BCM2722」が実装してある。Broadcom社のチップは,動画コンテンツの処理を担うものとみられる。データシートによると,例えばVGAサイズの動画像のMPEG-4方式の符号化を30フレーム/秒で実行できるようだ。

 2次電池は金属筐体に接着剤で固定されている。外してみると三洋ジーエスソフトエナジー製のLiイオン2次電池であることが分かった。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ