家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

地デジ受信機のホーム・ネット化の第一歩,DTCP-IP解禁

田中 正晴=日経エレクトロニクス
2005/09/30 11:14
印刷用ページ

 地上デジタル放送などを受信するテレビやチューナの出力インタフェースとして,DTCP-IPを利用できることになった。デジタル放送の運用規定として昨日(2005年9月29日)に電波産業会(ARIB)で承認されたもの。デジタル放送で提供されるHDTVコンテンツを,家庭内でIP伝送することが可能になる。

 今回の運用規定では,DTCP-IPの運用として,放送受信時には(1)クライアントの数は8個まで,(2)同一のサブネットに限る——という制限を設けた。(2)については,IP伝送できる範囲を家庭内に限るために,DTCP-IPが決めたTTL(time-to-live:IPパケットが通過できるルータの残り数)やRTT(round trip time:1つの通信パケットが送信元から送信先まで行き,再び戻るまでに要する時間)の制限を補強するものと位置づけられそうだ。いったんHDDなどに蓄積したコンテンツについては,コピー・ワンスに基づく運用が適用される。

 ホーム・ネットワークの仕様としては,DLNAなどのガイドラインが有力になっているが,IP伝送を前提にしている。従来のARIBの運用規定ではIP伝送が可能なHDTVコンテンツの出力インタフェースに関する規定がなく,デジタル放送番組は蚊帳の外にならざるを得なかった。DTCP-IPの出力インタフェースが追加されたことで,デジタル放送受信機をDLNAに基づくホーム・ネットワークの構成機器として組み込むことが現実的になる。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング