技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

BSA,「私的録音録画補償金の拡大反対」の声明---30日の文化審議会に合わせ

金子 寛人=日経エレクトロニクス
2005/06/29 20:17
印刷用ページ

 米国を中心に活動するソフトウエア著作権保護団体,Business Software Alliance(BSA)は2005年6月28日,私的録音録画補償金制度の拡大に反対する声明を発表した(声明文の全文)。文化庁長官の諮問機関である文化審議会 著作権分科会 法制問題小委員会が6月30日に,私的録音録画補償金に関する集中審議を予定しており,これに時期を合わせてBSAとしての意見を表明したものである。

 声明では,私的録音録画補償金の見直し議論の中に,米Apple Computer, Inc.の「iPod」といった,ハード・ディスク装置(HDD)内蔵型の携帯型音楽プレーヤを対象機器として追加すべきとの意見があることを疑問視。「大きな疑問と疑念」を表明した。

 さらにBSAは,世界で最初に補償金制度が導入されたのが1960年代であったことを指摘し,今の時代に合っていないと主張する。アナログ機器の時代には,私的複製から権利者を守る唯一の現実的な方法として補償金制度がとらえられていたが,今日のデジタル時代には,DRM(digital rights management)といった,ほかの優れた手段がある,というのがその論旨である。

 BSAの主要メンバーはソフトウエア・メーカーだが,今回の声明文を起草した分科会組織「Policy Member」には,米Cisco Systems,Inc.,米Dell Computer, Inc.,米Hewlett-Packard Co.,米IBM Corp.,米Intel Corp.などハードウエア・メーカーが複数参画している。同分科会のメンバーではないものの,Apple社もBSAに加盟している。「BSAはIT業界を中心に,メーカーと著作権者の双方の意見を知る立場にある。各社の意見を代表し,最善な解決策を提示するものとして,今回の声明を取りまとめた」(BSA日本PR事務局)とする。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング