• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 映画館内の撮影禁止と,DVDのシーン選択再生用フィルタ許可を骨子とする法案が米国で成立

映画館内の撮影禁止と,DVDのシーン選択再生用フィルタ許可を骨子とする法案が米国で成立

  • Phil Keys=シリコンバレー支局
  • 2005/04/28 13:27
  • 1/1ページ

 ビデオ・カメラを使って映画館内で映画を録画する行為を禁止する法案「Family Entertainment and Copyright Act of 2005(FECA)」(Tech-On!関連記事)が,米大統領のサインを経て正式に設立した(発表資料その1)。

 新しく成立した法律では,映画館内における録画行為の禁止に加えて,DVDなどを家庭内で再生するときに,映画をある部分を飛ばす技術の利用を合法とした。この法律にこうした内容が含まれることになったキッカケは,米国の大手会社や映画監督の業界団体Directors Guild of Americaが米ClearPlay Inc.を相手取って2002年に起した訴訟である。ClearPlay社の技術に対応するDVD再生機では,子供にふさわしくないと思われているシーン,たとえば暴力やセックス・シーンを飛ばして再生するフィルタリングを自動で実行するように設定できる。米国の政治家は,この技術を守るべきと判断した。ClearPlay社はFECAの法律の設立によって,この訴訟が却下されることを期待すると発表した(発表資料その2)。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓