• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【IDMC】台湾パネル・メーカーの開発方向を示す講演内容とパネル展示

【IDMC】台湾パネル・メーカーの開発方向を示す講演内容とパネル展示

  • 日本アイ・ビー・エム 北原 洋明=台北発
  • 2005/03/01 12:05
  • 1/1ページ
 2月21日から台北で開催された「International Display Manufacturing Conference 2005(IDMC2005)」講演内容は,海外からの招待講演を主に構成されており,台湾パネル・メーカーにおける先端技術の開発力および学会レベルでの発表という意味では,今後の進展を見守る必要がある。その中でも,台湾AU Optronics Corp.(AUO),台湾Chi Mei Optoelectronics Corp.(CMO),台湾Chunghwa Picture Tubes,Ltd.(CPT),台湾Toppoly Optoelectronics Corp.の4社はポスターセッションおよびパネル展示を中心にして,積極的な発表を行っていた。オーラル講演においても,数は少ないもののいくつかの講演があり,これらの発表を見るとパネル・メーカー各社の開発方向が見えてくる。
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ