家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

Microsoft社とMacrovision社が著作権保護技術で協業

Phil Keys=シリコンバレー支局
2005/02/03 10:50
印刷用ページ

 米Macrovision Corp.は,同社の著作権保護技術に関連する特許などを米Microsoft Corp.に対してライセンスしたと発表した(発表資料)。さらにMacrovision社と米Microsoft社は,両社の著作権保護技術の互換性を実現するために契約を結んだことも発表した(発表資料)。

 今回Microsoft社に対してライセンスされた著作権保護技術には,映像信号の不正なアラログ録画を防止する「ACP」や,同技術をビデオ・オン・デマンドや視聴した番組に応じて料金を支払うPPVに拡張した「ACPe」,デジタル録画の世代管理を行うための「CGMS-A」(copy generation management system)などを含む。まず,Macrovision社の不正コピー禁止技術が施されたアナログ映像信号をパソコンに転送して,Microsoft社のWindows Media DRMの管理のものとでタイムシフト視聴用に一時保存できるようになりそうだ。Windows Media DRMの管理下にあるコンテンツは,Macrovision社の不正コピー防止機能を施してアナログ出力することも可能となる。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング