• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > Microsoft社とMacrovision社が著作権保護技術で協業

Microsoft社とMacrovision社が著作権保護技術で協業

  • Phil Keys=シリコンバレー支局
  • 2005/02/03 10:50
  • 1/1ページ

 米Macrovision Corp.は,同社の著作権保護技術に関連する特許などを米Microsoft Corp.に対してライセンスしたと発表した(発表資料)。さらにMacrovision社と米Microsoft社は,両社の著作権保護技術の互換性を実現するために契約を結んだことも発表した(発表資料)。

 今回Microsoft社に対してライセンスされた著作権保護技術には,映像信号の不正なアラログ録画を防止する「ACP」や,同技術をビデオ・オン・デマンドや視聴した番組に応じて料金を支払うPPVに拡張した「ACPe」,デジタル録画の世代管理を行うための「CGMS-A」(copy generation management system)などを含む。まず,Macrovision社の不正コピー禁止技術が施されたアナログ映像信号をパソコンに転送して,Microsoft社のWindows Media DRMの管理のものとでタイムシフト視聴用に一時保存できるようになりそうだ。Windows Media DRMの管理下にあるコンテンツは,Macrovision社の不正コピー防止機能を施してアナログ出力することも可能となる。

【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ