• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > Intel社はIoTで、逆襲を果たせるのか?

日経エレクトロニクス 2014年8月18日号

専門メディアの視点日経BP半導体リサーチ

Intel社はIoTで、逆襲を果たせるのか?

市場拡大は確実、でも失地回復は困難

  • 伊藤 元昭=日経BP半導体リサーチ
  • 2014/08/28 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年8月18日号、p.18(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

位置付けが分かりにくい新技術の登場、一見不可解に見える組み合わせでの企業提携、未知の勢力の台頭─。SCR大喜利は、こうした理解しにくい出来事の背景や波及効果を、専門性や立場の異なる複数の識者が、それぞれどのように読み解き分けるのか、視点の違いを横並びで見せるコラムである。

 「Internet of Things(IoT)」向け半導体市場を獲得すべく、米Intel社がさまざまな戦略・施策を打ち出している。かつてのダウンサイジングの旗振り役も、スマートフォン向けでは英ARM社に主役の座を奪われた。IoTは、同社にとって主役に返り咲くための舞台なのだ。今回のSCR大喜利は、IoTでのIntel社の勝機を考えることで、IoT向け半導体市場の論点の洗い出しを目的とした(表1)。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ