• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > ここを押さえれば、高位合成は実設計に使える

日経エレクトロニクス 2014年8月4日号

講座

ここを押さえれば、高位合成は実設計に使える

その3:MATLABユーザーが高位合成を使うコツ

  • 斎藤 睦巳=富士通九州ネットワークテクノロジーズ
  • 2014/08/11 00:00
  • 1/5ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年8月4日号、pp.69-73(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

(写真:Getty Images)

ICや回路の設計ではさまざまなEDA(electronic design automation)ツールが使われているが、高位合成ツールほど期待と現実とのギャップが大きいものはないだろう。筆者らはこの10年間、設計業務を通じて、高位合成ツールとある意味格闘してきた。その経験を基に、ギャップが生じる背景を考察し、続いて、高位合成を活用するポイントを紹介する。すべての設計で使えるわけではないが、ポイントを押さえて利用すれば、かなりの高い確率で成果を上げることができる。この記事は3回の連載である。3回目は、MATLABユーザーが高位合成を使うコツを紹介する。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓