• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > スマホのアンテナを20%小型化、周波数のずれを自動補正

日経エレクトロニクス 2014年8月4日号

NEレポート

スマホのアンテナを20%小型化、周波数のずれを自動補正

東芝が開発、ウエアラブル機器やインフラ監視センサーへも

  • 中島 募=日経エレクトロニクス
  • 2014/08/11 00:00
  • 1/3ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年8月4日号、pp.19-20(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

東芝が試作した自動整合機能を搭載するLTE/3G用アンテナモジュール
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は2014年7月10日、米国テネシー州で開催されたIEEEのアンテナ・電波伝搬関連の学会「Antennasand Propagation Society(AP-S)」で、スマートフォン(スマホ)などのアンテナを従来よりも約20%小型化する「自動整合アンテナ」と呼ぶ技術を発表した。2016年度をメドに実用化する計画だ。まずはスマホなどの移動通信システム向けに開発を進めており、ウエアラブル機器やインフラ監視用のセンサーネットワークでの展開も検討している。

『機器開発者のための人工知能入門』プレゼント
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


囲碁だけではありません。応用範囲を急速に広げつつある人工知能の発展を受けて、デジタル別冊「機器開発者のための人工知能入門」を緊急発行!今さら聞けない基礎知識を電子機器の開発者にわかりやすくお届けします!詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ