• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 東芝がLED事業に数百億円、GaNパワー素子量産の布石か

日経エレクトロニクス 2014年8月4日号

NEレポート

東芝がLED事業に数百億円、GaNパワー素子量産の布石か

白色LEDの生産量を約10倍に

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2014/08/11 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年8月4日号、p.18(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

東芝の白色LED(写真:東芝)
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝が白色LED事業拡大に向けて大きく動き出した。白色LEDの生産を、2016年度までに現在の約10倍の月産数億個に引き上げるもよう。この増産に向けて、石川県にある子会社の加賀東芝エレクトロニクスの生産設備を拡張するために、「数百億円の前半(300億~500億円)」(東芝)を投じる予定だ(図1)。LED業界では、東芝は2012年に白色LEDの量産を始めた“新参者”。この生産規模拡大によって、シェア拡大を目指す。

図1 白色LEDで攻める東芝
加賀東芝エレクトロニクスの工場。東芝は白色LEDを増産する。そのために、子会社の加賀東芝エレクトロニクスの工場に数百億円を投じる予定である。(写真:東芝)
[画像のクリックで拡大表示]

トップページへ

デジタル別冊『未来の設計図』プレゼント
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


未来が見える人がいます。自ら作り出す人たちです。技術開発の最前線を突き進む先駆者が、内に秘めた青写真の全貌を明らかに。日経エレクトロニクスのコラム「Perspective」から厳選してお届けします!詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓