• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 波を操るメタマテリアル技術、材料からデバイスへ進化

日経エレクトロニクス 2014年8月4日号

解説

波を操るメタマテリアル技術、材料からデバイスへ進化

  • 野澤 哲生=日経エレクトロニクス
  • 2014/08/06 00:00
  • 1/15ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年8月4日号、pp.41-54(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

プリント基板の電磁雑音を消す、鏡で赤外線を光に変える、地震波を迂回させる、といった従来はできなかったことが実現しつつある。波を自然の材料ではできない手法で操る「メタマテリアル技術」の研究開発が進み、応用範囲が広がってきたからだ。作製技術の進化で、マイクロ波だけでなく、光、その他の波、さらには流体の制御にも利用が始まった。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓