• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > いずれは医療が主力事業に、新機軸のカメラを16年度にも

日経エレクトロニクス 2014年8月4日号

インタビュー

いずれは医療が主力事業に、新機軸のカメラを16年度にも

牛田 一雄氏 ニコン 代表取締役社長 兼 社長執行役員

  • 聞き手は今井 拓司=日経エレクトロニクス、大下 淳一=日経テクノロジーオンライン
  • 2014/08/07 00:00
  • 1/7ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年8月4日号、pp.55-58(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

デジタルカメラの市場は急速に縮小し、FPDや半導体の製造装置市場も伸び悩む。ニコンは今、注力市場の多くが成熟期を迎えるという逆風にさらされている。この状況をいかに打破し、次の成長につなげるか。製造装置事業を長く担当し、6月から全社の舵取りを任された牛田一雄氏に聞いた。

(聞き手は今井 拓司、大下 淳一=日経テクノロジーオンライン)

おすすめ