設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

2014年8月号

第3部 数字で見る現場

90%が「使いたい」技術と回答、試験法の標準化に普及後押しの期待

調査テーマ「異種材料接合技術の応用」

木崎 健太郎,近岡 裕=日経ものづくり
2014/08/08 00:00
出典:日経ものづくり、2014年8月号 、pp.50-52 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

「性質の異なった材料を一体化することによって、新しい価値を持つ製品や部品を開発できる」。多くの技術者がこのように考えており、実現手段として異種材料の接合技術に対する期待は大きいことが分かった。その半面、新たな接合技術の採用にまで踏み切れないケースも多いようだ。採用に向けて技術者の背中を一押しする施策として、現在ISOで接合強度試験方法の標準化が進んでおり、その効果に期待が集まり始めている。

Q1 異種材料の接合が必要になったこと、あるいは使いたいと思ったことがあるか

[画像のクリックで拡大表示]

 ほとんどの回答者が「必要になったことがある」あるいは「使いたいと思ったことがある」と回答した。異種材料の接合は、多くの技術者が新しい価値の創造に有効な手段であると認識している、と見てよいだろう。

ここから先は日経ものづくり購読者、または日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・日経テクノロジーオンライン有料会員の方、もしくは雑誌購読者の方で日経IDと「日経BP書店マイデータ」への読者番号の登録がお済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・新たにお申し込みされる方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、雑誌の購読もしくは、日経テクノロジーオンライン有料会員の申し込み手続を完了させてからご参照ください。
・雑誌購読者の方は、あらかじめ日経IDの登録と、読者番号の「日経BP書店マイデータ」への登録が必要になります。こちらのページを参考にして登録をお進めください。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング

日経ものづくり定期購読キャンペーン